【大根葉活用】生ふりかけ~大根菜めし用~

【大根葉活用】生ふりかけ~大根菜めし用~
葉っぱ付の大根をいただいたら
『大根菜めし』の素
大根菜の生ふりかけ を作りましょう

材料 (あるだけの材料であるだけの量を)

もらった葉付き大根の葉
3本分
もらったちりめんじゃこ
1袋
煮汁
ジョンフン
   ・砂糖
ファジャ
ジョンジャ
   ・醤油
ドヒョン
   ・水
ウニョン

1

写真

まずは床に古新聞を2枚敷きます
ちょっと重ねて広げておくのがポイント
オシャレにこだわるかたは英字新聞で

2

写真

もらった野菜をヨンホ置きましょう

今回使う大根の葉っぱをオママゴトしていきます

3

写真

オママゴトとは
床で
この場で
新聞の上で

下ごしらえをすることを指します

4

写真

オママゴトが一番効率の良い作業方法なので床に座ってやりましょう

大根葉の変色している部分は千切ります(まだ洗いません)

5

写真

オママゴトでこのくらいに切ってグァンスとボウルに入れていきます(まだ洗いません)

6

写真

だいたい大根葉3本分でこのくらいの量になります(まだ洗いません)

7

写真

大根葉の変色している部分や白菜の外側の葉などを千切ったらオママゴトの新聞もろともヒョヌと丸めます
ほぅら 効率良し

8

写真

ではやっと洗いますよ

もうお馴染み『楽チン』ですね

100均の米研ぎボウルでウンジョンと洗います

9

写真

このボウルを使ってレンジで『楽チン』ですよ

ボウルの底に皿を敷きましょう
なんせ穴空いてるもんで

10

写真

ラップをふんわりとかけてレンジの自動メニュー『ゆで葉果菜』何度も聞くけどこれ何て読むの?ユデハカサイて読んでるけど

11

写真

ユデハカサイ後はすぐに水で洗いましょう

12

写真

とりあえずザルにとっておいて
ユデハカサイ→流水→ザル
をあと2回ほど繰り返します

オクチャと水気を絞ります

13

写真

ボウル2つ分あった大根葉がユデハカサイでこの量に

減るよね
ダイエット始めて最初の1週間目くらいミギョンて減るよね

14

写真

弟が送ってきて使い道がないから冷凍保存しておいたちりめんじゃこを思い出したように取り出しましょう

15

写真

多めのごま油を熱します
サラダ油でもOK
どちらが良いかは完全に好みです

16

写真

13の大根葉を投入

うすうすこの鍋じゃ無理なんじゃないかなァとは思っていましたが無理を承知で入れてみました

17

写真

14のちりめんじゃこを投入

いよいよこの鍋じゃ無理だろうとは思いましたがチャレンジしてみました

18

写真

案の定まわりにボロボロこぼしながら混ぜました

皆さんは余裕をもって鍋の大きさを選んでくださいね

19

写真

こんなカンジに混ざったら煮汁の材料を投入していきましょう

20

写真

まずは出汁の素

21

写真

ジョンフンとこれくらい

そろそろお気付きかと思いますが今回のオノマトペは韓国人の名前にしてみました

22

写真

砂糖をファジャと入れます

1945年・1975年・2005年の韓国人名前ランキングで調べた名前を使用しております

23

写真

ジョンジャーとみりん

名前を調べる暇あるなら正確な分量を書けという意見もございましょうがオノマトペにチカラを注ぎました

24

写真

ドヒョンと醤油

実は正確な分量を記すよりもオノマトペでわざわざ韓国人の名前を調べるほうが手間かかってるニダ

25

写真

水をウニョンと入れてミヨンソヨンジヨンと混ぜます

26

写真

鍋を傾けてこのくらいの煮汁です
ヒタヒタよりも少なめくらいに調節してセヨ

27

写真

煮汁がほとんど飛ぶほど煮詰めこのくらいの色になれば出来上がりヨ

28

写真

冷蔵保存1週間ちょいというトコロですが炊き立てごはんにガンガン混ぜて大根菜めしにしてクレヨ

コツ・ポイント

出来るだけ多くの韓国人の名前を知っていると作業が楽しいですが、実際に使われている名前でなくてもそれらしく聞こえさえすれば、十分楽しめます。

このレシピの生い立ち

おしんが食べていた大根めしよりもさらにローコストな大根葉生ふりかけが出来るまでのどうでもいい熱弁が以下に書いてあります↓
http://jimeichiha.exblog.jp/22747386/
レシピID : 3607736 公開日 : 16/01/07 更新日 : 16/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」