マクロビ・ランチ決定版 ”胡麻だれ蕎麦”

おもてなし&マクロビ・ランチに使えます。サラダ感覚でサッパリ食べれて暑い時期には大好評。最後にタラ〜〜リとかけるラー油との相性は、、たまりません!

材料 (2人分)

蕎麦
人数分
*タヒニ 又は練り胡麻ペースト(白)
大さじ4
100ml
ワカメ
ひとつかみ
刻みネギ
適量
茗荷
適量
大葉
適量
ラー油
お好みで

1

蕎麦を茹でるお湯を沸かす。その間に薬味(ネギ、茗荷、大葉)を刻む。*印をあわせタレを作る。

2

蕎麦を表示通りに茹でて、残り一分でワカメを投入。茹で上がったら麺&ワカメを氷水で冷やす。

3

器に麺&ワカメ、薬味を盛り、上からタレをかける。

4

仕上げにすりごまやフラックスシード等をお好みでかける。最後にラ−油をタラリとかけて出来上がり!

コツ・ポイント

是非是非美味しいラ−油で御試しください!結構ドバ〜といってもOKです(お好みで)。おススメは”石垣ラー油”、”京都/山田のらー油”です。サラダ風な蕎麦なので、お弁当でもイケておススメです。(タレは別容器にしてくださいね!)

このレシピの生い立ち

マクロビ・ランチを研究中。ランチ=蕎麦、ということで最近使用頻度が高いタヒニを利用して大好きな胡麻だれにしました。ぶっかけ風なので洗い物が少なくてラクチン!ここ数年ラー油にハマり続け、決定打はやはり”石垣ラー油”!また帰国時に沖縄物産展に走らなくては、、これがなくては夏は越せない程”石垣ジャンキー”になってます、、
レシピID : 361660 公開日 : 07/04/18 更新日 : 07/04/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」