あんこ屋の苺大福◆ひなまつりデザート◆

あんこ屋の苺大福◆ひなまつりデザート◆
お内裏さまとお雛さまをいちご大福でつくりました。かわいくておいしい、ひなまつりのおやつです。

材料 (10個分)

中身
いちご
10個
しろあん
300~400 g
求肥の衣
150 g
砂糖
120 g
180 g
食紅
付属のさじ1/2杯
抹茶粉末
小さじ1/2杯

1

写真

材料のしろあんはこちらを使用しています。

2

写真

<中身作り>1個30~40 gほどのあん玉を作っておきます。

3

写真

洗った苺はへたを取って、キッチンペーパーで水分を取ります。

4

写真

あん玉を平たくし、苺を真ん中に乗せます。

5

写真

逆さにして、上からあんこを被せて、

6

写真

回しながら少しずつあんこを伸ばし、苺を包んでいきます。

7

写真

いちごの頭は少し出すとかわいいです。

8

写真

<求肥作り>白玉粉75 g、砂糖60 gを耐熱容器に入れます。

9

写真

水を少しずつ加え、ダマが無い状態になるよう混ぜます。特に最初の方は、水を注ぐ量を少なくしないと、ダマが残りやすいです。

10

写真

ピンクの衣の場合は食紅、緑の衣の場合は抹茶を入れて混ぜます。

11

写真

電子レンジ500W 1分かけた後、へらで底から混ぜます。レンジ→混ぜの作業を3~4回してもっちりさせます。

12

写真

打ち粉(片栗粉)をした台の上に10の求肥を置き、打ち粉をつけた麺棒で10 cm×20 cmくらいの長方形に伸ばします。

13

写真

幅4 cmくらいに切っていきます。

14

写真

あん玉に求肥を着物を着せるように巻きます。

15

写真

1個(約84 g)あたり
エネルギー 171kcal

16

写真

着色していない求肥も作って重ね着させると、より着物らしくなります。

コツ・ポイント

◇あんこを触るとき、手をほんの少しだけ湿らせると、あんこがべとつきにくいです。
◇電子レンジで温めて混ぜる作業は、生地がふくらんで、お餅のような状態になるまで繰り返します。
◇求肥は冷めないうちに巻いていきます。

このレシピの生い立ち

まさコ様のレシピ「いちご大福*ひなまつり*」レシピID : 3046737 を参考にさせていただきました。
レシピID : 3624427 公開日 : 16/02/22 更新日 : 17/02/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

19/03/03

写真

もっちもっちでとても美味しかったです^ - ^ リピします!

やっぱり黒猫が好き♡

レポありがとうございます^^大福とあんこって最高ですよね♪

18/03/04

写真

形が少しイビツになってしまいましたが...可愛くて美味しくて◎

タロジロゴン

レポありがとうございます^^とってもかわいいですよ!

16/03/03

写真

白餡が売ってなくて黒餡で。幼稚園児でも作れました〜♡

raraicca

幼稚園のお子様は、求肥のまき方が芸術的で楽しいですね!

16/03/03

First tsukurepo mark
写真

作ってみました♡可愛い仕上がりに癒されます&とっても美味しいー!

ゆうかちゃんまんま

かわいいお雛さまとお内裏さまがいっぱい!癒されますね!