カブとカリフラワーのスープ

あっさりしたカブとカリフラワーを、牛乳と生クリームの脂肪で、柔らかな味に仕上げます。色どりが気になれば、カブの葉を少し茹でて、切って加えてもいいかも。

材料 (4人分)

カブ
小さめのものを3つ
カリフラワー
一株
ベーコン
3枚
チキンコンソメ
2つ
4カップ
牛乳
1カップ
1/2カップ
適量
こしょう
少々

1

カリフラワーを小房にわけて、塩(分量外)を入れて固めに茹でます。カブは皮をむき、一つを4等分して、更に適当な大きさに切ります。

2

ベーコンを一口大に切り、鍋にサラダオイルを入れていため、そこにカブを入れて油がなじむまでいためます。カブが少し透き通ってきたら、水とコンソメを入れて、カブが柔らかくなるまで煮ます。

3

カブが柔らかくなったら、カリフラワーと牛乳を入れ、沸騰させないように気を付けながら、カブとカリフラワーがとろけ気味になるくらいまで煮ます。

4

カブとカリフラワーがかなり柔らかくなったら、生クリームを加え、少し煮て、塩、コショウで味を調えます。(塩は、ベーコン・チキンコンソメの塩分によって加減してください)

コツ・ポイント

広島のアンデルセンで食べたものをまねしてみました。牛乳と生クリームの量は、お好みで加減してください。最後にとろけるチーズを少し加えてもおいしいです。カリフラワーが、スプーンを入れるとほろっと崩れるぐらいがいいです。

このレシピの生い立ち

レシピID : 36362 公開日 : 01/12/04 更新日 : 01/12/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」