『銀鱈の御吸い物』鰹節を削って作ったお出汁で・・。

ささやかな贅沢・・わが家のお宝、鰹節削りの購入記念。削りたての鰹でとった一番出汁は旨みたっぷりで料亭気分・・・(?)

材料 (4人分)

800cc程
銀鱈
2~3切れ
海老
4尾
三つ葉
適宜
ゆず
適宜
椎茸
2~3枚
適宜
適宜
少々

1

鰹節をたっぷり削り、一番出汁をとる。

2

椎茸はサッと洗い、1/2くらいに削ぎ切る。(大きいものなら1/3でもOK)
1に椎茸を入れ火を通し、味を見ながら薄口醤油を出汁の風味を損ねないように加える。

3

鱈は、少し大きめのひと口大に切り分ける。えびは、尾を残して殻をのぞき酒でさっと洗う。
鱈と海老に、片栗粉をまぶし、沸騰した湯の中に入れ、下ゆでしておく。

4

三つ葉は根を落とし、長いままゆで、綺麗な色が出たら冷水で色止めをする。2~3本づつ束ねて形よく結ぶ。

5

お椀の真ん中に、鱈2切れ、海老1尾、三つ葉をきれいに盛り付ける。

6

熱くした2のお汁をそとのお椀に注ぎ、ゆずの皮を少しそいだものをかおり付けに浮かべて出来上がり。

コツ・ポイント

もちろん普通にお出汁をとってもらっても、だしパックでも。

このレシピの生い立ち

錦の刃物屋「有次」で購入した鰹節けづりは幅広の薄い花鰹がひらひら出来ます。
そのまま食べておいしいけずり鰹を贅沢にたっぷり使って出汁をとりたい♪そんな小さな贅沢からこのお吸い物を作りました。
レシピID : 36378 公開日 : 01/12/04 更新日 : 02/07/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」