里芋の煮っ転がし☆皮むき簡単衣かつぎから

里芋の煮っ転がし☆皮むき簡単衣かつぎから
里芋の皮むきって、ツルツル滑ってちょっと怖い。先に皮付きのまま蒸してしまえば、あら簡単。味が染みるのも早い。母の知恵。

材料

里芋
500g位
1カップ(200cc +小さじ2)
砂糖
大さじ1
醤油
小さじ1

作り方

1

写真

里芋を洗う。

2

写真

里芋の上と下をそれぞれ、少し切り落とす。

3

写真

鍋に水をはって、せいろや蒸し器に里芋を並べて 火にかける

4

10~15分ほど蒸したら、竹串などを刺してみる。すっと通ったらOK。

5

そのまま皮をつるんとむいて、熱々に塩を付けていただけば「衣かつぎ」です。

6

写真

煮っ転がしにするときは、温かいうちに皮をむきます。さめてしまうと、むけにくいので。熱々でなくても大丈夫です。

7

写真

たくさんあって保存するなら、このタイミングで。この火が通ってむいてあるものを、冷凍しておくと何かと便利だそうです。

8

鍋に煮汁を用意する。だし汁、砂糖、醤油を入れて、火にかける。

9

写真

里芋を入れて、時々転がしながら、くつくつ煮る。

10

写真

煮汁がわあっとわきたって、里芋をおおうようになってきたら、ちょっと鍋を揺する感じで、煮る。

11

写真

煮汁が少し残っている頃に火を消して、少しおきます。冷めるときに、味がしみていくので、この一息が大事。

12

写真

熱々にしたいときは、絶対に目を離さず、もう一度火にかけて、ふつふつさせます。煮汁が少ないので、焦げないように気を付けて。

13

写真

器にこんもり盛り付けて出来上がり。

コツ・ポイント

里芋の上下を少し切り落としておくのが、コツと言えばコツ。蒸した里芋の皮をきゅっとつまむようにすると、つるんとお芋が出てきます。
煮えるのに時間がかかるものの味付けは「先に砂糖、塩や醤油は後から」ですが、この方法だと、一緒に入れて大丈夫です。

このレシピの生い立ち

里芋がどっさりあって、煮るのに皮むき大変だなあと、ぼやいたところ、「先に蒸しちゃえばいいのよ」と母のアドバイス。
やってみたら、あら簡単。つるつる剥けて、ちょっと楽しい。
レシピにしてみました。
レシピID : 3650442 公開日 : 16/01/30 更新日 : 16/01/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

29 (27人)

18/11/11

写真

詳しく載せてくれたので分かりやすかったです☆レシピ感謝!美味~♪

ありか☆1973☆

おー!つやつやと美味しそうな里芋。嬉しいつくレポありがとう♪

18/10/31

写真

皮むき簡単☆とっても柔らか減塩で味しっかり美味しかったです。

つぼみの

ふっくら美味しそう!なんと嬉しいつくレポ!有難うございます。

18/09/10

写真

皮が簡単に剥けて良かったです!里芋料理が苦で無くなりました♪

☆チーサン★

嬉しいコメントありがとうございます♪お役に立てて良かったです

18/03/29

写真

簡単に美味しくできました!ありがとうございました(^^)

kirarikira

嬉しいつくレポありがとうございます。美味しくできて良かった♪

1 2 3 4 5