島ラッキョウで春パスタ♪

島ラッキョウで春パスタ♪
沖縄の島ラッキョウを使ったパスタです。
春キャベツのやわらかい甘みと、炒めると甘みと香りが引き立つラッキョウを使って春らしいさっぱりしたパスタです。
じゃこの塩味がなんとも言えません。

材料 (2人分)

島ラッキョウ(なければエシャロット)
5〜10本
キャベツ
1〜2枚
じゃこ(またはシラス)
大さじ2〜3
パスタいろいろ
あわせて250g
大さじ2
塩こしょう
適宜
アンチョビペースト
小さじ1
お湯とお塩
たくさんとふたつまみ

1

お鍋にお湯を沸かし、ぐらっと来たらちょっと多めのふたつまみの塩をおまじないのように入れる。

2

パスタは茹で時間の一番長いものから順にいれ、逆算しながらいろいろなパスタが一緒に茹で上がるようにする。

3

キャベツを一口大に切り、ラッキョウはやわらかい部分だけ斜め切りにする。

4

ラッキョウをオリーブオイルで炒める。こげやすいので注意。
キャベツはパスタのゆであがり付近で投入し、一緒に茹で上げてしまう。

5

ゆで汁をお玉に1杯、ラッキョウの方のフライパンにいれパスタとキャベツをざるにあける。

6

フライパンにパスタとキャベツをいれ、アンチョビペーストとじゃこを加えて混ぜる。味を見て塩こしょうで整える。

コツ・ポイント

島ラッキョウもそうですがエシャロットも炒めると甘みがでておいしいです。ニンニクとたまねぎ、両方の役目をしてくれます。ただ焦げやすいので手早く炒めてください。
ショートパスタとスパゲッティを混ぜる時は、スパゲッティをあらかじめ半分に折ってゆでると食べやすいです。

このレシピの生い立ち

写真ではオレキエッテとスパゲッティーニを使ったんだったと思いますが、パスタはなんでも少しずつ余ってしまうものですよね。茹で時間の付箋が貼られてビンに少しずつ余ったパスタと、冷蔵庫の中のもので作られたダークホース的定番メニューです。「これを作るから」といいながら、かわいいパスタを新たに買えるメリットもあります♪
レシピID : 366242 公開日 : 07/04/27 更新日 : 07/04/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」