春の味覚♪モリーユ:アミガサタケの肉詰め

春の味覚♪モリーユ:アミガサタケの肉詰め
春の味覚!欧州の高級キノコ:モリーユは日本でもゴールデンウイーク前後の時期に普通に採れる一般種なので、採れたら作ってみてください☆彡

材料 (使いたいモリーユの本数分)

モリーユ
適量
いつものハンバーグの具
適量
バター
適量
レシピID:336269のパセリソース
適量
塩コショウ
適量
小麦粉
薄くまぶす分量
~ホワイトソース材料~
バター
10g
小麦粉
10g
牛乳
50~100cc
塩コショウや好みのハーブ
適量
好きな付け合せのピクルスや野菜類
好みで

1

写真

モリーユ(アミガサタケ)を採って来て塩水もしくは酢水につけて虫出し後に茹でこぼして水さらししておくか乾燥品を用意して軽くゆでておきます。(茹でないと当たる場合があるのと肉質がもろい為)

2

写真

1をしっかり絞って中の空気も抜いておきます。

3

写真

2に絞り袋に入れたハンバーグの具を空気を抜きながらゆっくり注入します。

4

写真

詰まると可愛い形になるので「まだ入る!」と欲張って入れてしまうと写真のように破裂しますので8分目にしたほうがいいかも。

5

写真

肉詰め完了のモリーユたちにバターが良く絡むよう薄く小麦粉をまぶし、レシピID:336269のパセリソースを混ぜたたっぷりのバター(揚げ焼きができる量)でじっくりソテーしていきます。(中火弱火

6

写真

5に火が通る間にホワイトソースを作ります。
まずバターと小麦粉を小鍋に入れて粉っぽさがなくなるまで炒めます。

7

写真

よくかき混ぜながら6に少しづつ牛乳を加えて好みの固さにソースを仕上げ塩コショウや好みのハーブで味をつけます。

8

写真

5の1部を7で煮込みます。

9

写真

5と8に火が通って最終的な味付けを済ませたら、パセリソース仕立てのものとホワイトソース仕立てのものの両方を好みのピクルスや野菜類と盛り付けて出来上がりです。

コツ・ポイント

1に書いておきましたが、当たる場合があるので茹でこぼしてから使用してください。

このレシピの生い立ち

美味しくて日本でも案外この時期里山などでも採れるモリーユ。パスタソースに使ったり、煮込む料理に向きます。今年は採れたモリーユ達が大きめだったので、肉詰めにしてみました。
レシピID : 367400 公開日 : 07/04/30 更新日 : 07/04/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」