モーンシュニッテ ケシの実のケーキ

モーンシュニッテ ケシの実のケーキ
ポピーシード(ケシの実)を使ったケーキです。ドイツではとても一般的!

材料

ミュルベタイク(タルト生地)
バター
200g
薄力粉
400g
全卵
1個
レモンの皮
1個分
少々
 
シュトロイゼル(上にふりかけるそぼろ状の生地)
バター
200g
薄力粉
400g
レモンの皮
1個分
 
モーン生地(ケシの実の生地)
牛乳
300g
バター
250g
ポピーシード
450g
レーズン
120g
レモンの皮
1個分
シナモン
少々
全卵
4個
ケーキクラム
150g

1

シュトロイゼルを作る

2

写真

ミキサーにバターとグラニュー糖を入れてよく混ぜる。

3

写真

レモンの皮、塩を加え、さらにその中に薄力粉を入れる。

4

ミュルベタイク(タルト生地)を作る。行程2~4はシュトロイゼルと同じ。

5

その中に全卵を入れて、サックリ混ぜ合わせる。これを1時間休ませる。

6

モーン生地を作る。ポピーシードはローストしておく。バターは常温に。

7

写真

ボウルにローストしたポピーシード、ケーキクラム、シナモン、レモンの皮を入れておく。

8

牛乳に砂糖を入れて軽くあたためる。

9

8のボウルに9の牛乳を加えて混ぜる。

10

写真

常温のバターに入れて混ぜ合わせる

11

写真

さらにレーズンをくわえる。

12

写真

最後に溶いた全卵を加える。

13

写真

ミュルベタイクを5mm程の厚さに伸ばして型の底に敷く。生地にフォーク等で細かく穴をあけておく。

14

写真

モーン生地を流しこむ。

15

写真

16

写真

その上にシュトロイゼルをかけて180度のオーブンで30分焼く。

17

写真

完成

コツ・ポイント

シュトロイゼルのすこし大きいそぼろ感を上手に作ってください!

このレシピの生い立ち

ドイツ人はケシの実を使ったケーキやパンが大好き。そぼろ状の生地シュトロイゼルがかかっているケーキもドイツでは定番です。
レシピID : 3678545 公開日 : 16/02/10 更新日 : 16/02/10

このレシピの作者

ビールとソーセージだけじゃないドイツ!知っていますか?
このページを通じてまだまだ知られていないドイツ料理のレシピ、そして食文化(Esskultur)を皆さんにお伝えします。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」