桜の花見大福

桜の花見大福
市販のバニラアイスにひと手間かけた大福アイスです。ぎゅうひで桜あんとアイスを包み、練りきりの桜を飾りました。

材料 (アルミ阪急ボンブ80mm 4個分)

フィリング
バニラアイス
380g
桜あん
60g
ぎゅうひ生地
60g
砂糖
60g
紅こうじパウダー
1g
120g
練りきり
白あん
15g
食用色素
少々
仕上げ用
水あめ
適量

作り方

1

写真

■フィリング作り
4等分にした桜餡を丸め、型にラップを敷き、桜あんを入れて平らにし、アイスを均等に(95gずつ)入れる。

2

写真

アイスを平らにならし、アイスが出ないようラップでぴったり包み、バットにボンブをふせて置き、冷凍庫で数時間冷やし固める。

3

写真

耐熱性のボールに白玉粉と砂糖、紅麹パウダーを入れて半量の水で溶き、ペースト状になったら残りの水を加えて混ぜる。

4

写真

600Wで60秒レンジで加熱し取り出してよく混ぜる。再度レンジで90秒加熱することを2回繰り返しそのつど混ぜる。

5

写真

ぎゅうひ15gを別の容器に取り分け、残りの生地をコーンスターチをたっぷりふるったバットの上に取り出し→

6

スケッパーなどで4等分(約50g)にカットする

7

写真

熱いうちにコーンスターチの打ち粉をした台の上で粉をまぶしながら、17cm程の円形にのばし冷ます。

8

冷めたら乾燥しないように粉をたっぷりとふりラップをかける。

9

写真

■練りきり作り
白あんを耐熱容器に入れ、ふんわりラップをし600Wで20秒レンジ加熱しよく混ぜる。再び20秒加熱して→

10

混ぜ合わせ、粉をふかせてあんの水分を飛ばした状態にする。

11

写真

[5]で取り分けた15gのぎゅうひ生地と少量の水(分量外)で溶いた赤い色素を加え練り混ぜる。薄くのばし桜の生抜きで抜く。

12

写真

ボンブからアイスをラップごと取り出し、バットにのせて冷凍庫で冷やす。ボンブをきれいに洗い、水気を拭き取り薄く油をぬる。

13

写真

ボンブ型に[7]のぎゅうひを敷き、ラップをはずしたアイスを入れて包み、つまむようにしてとじる。

14

ラップをかぶせてから再度バットにふせて置き、冷凍庫で数時間冷やし固める。

15

写真

型から外して器に置き、桜の練りきりの裏に水あめ(ハチミツでも可)を軽くつけて糊の代わりにして生地に貼るように飾る。

コツ・ポイント

成形の時は、1つずつ冷凍庫からアイスを取り出してぎゅうひ生地で包み ラップをして冷やして固めるとアイスが溶けずに包みやすいと思います。
手際良く作業するのがポイントです。ラップなどは あらかじめ枚数分を用意しておくと作業しやすいですよ。

このレシピの生い立ち

ボンブ型でアイスを冷やし固めることで、きれいな丸いドーム型の大福アイスを作ることができました。
桜飾りは、ステンレス生抜きNo.4桜3Pセットを使用しましたが、大中小とサイズがあるで、色々な飾り方を楽しめそうです。
レシピID : 3720055 公開日 : 16/02/29 更新日 : 16/02/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」