炊飯器で簡単★黒ニンニク♪(失敗談も)

炊飯器で簡単★黒ニンニク♪(失敗談も)
最初に丁寧に選別する事で食べ易く、15日程、炊飯器に入れて保温するだけで、簡単に美味しく体に良い黒ニンニクが作れます

材料 (三合炊きの炊飯器の場合)

8つ位(この中から6つ分位が使える)
大きめの紙(無地包装紙推奨)
1枚

1

※ まず始めに、作る前に、家族などに「黒ニンニクを作る際には始めの数日はカナリ匂う」事の了承を得た方が良いです。

2

ニンニクを購入する際は、出来れば(余裕があれば)皮の上から軽く押して「柔らかくないかどうか、傷んでいないか」を確認する。

3

写真

紙を炊飯器にセットする。

大きければ半分に折って使う。

4

※ 紙はAmazonとかネットショップから送られてきたものを取っておいた物です。私は滅多に新聞紙は使いません。

5

写真

ニンニクを8つ程、(好きな量) 取り出し、外側の皮を簡単に取り除き、お盆の上に全部載せる。

6

写真

とにかく全部、一欠片ずつになるように取り外す。

7

※ 丸々一個のニンニクで熟成させても良いのですが、汚れや痛みの部分をそのままにしてしまう事になるので、私は分けています。

8

写真

その際、割ってみたら皮が無かった…という物は除ける。

※皮がないと乾燥し過ぎてしまい、黒ニンニクが上手く熟成しない為。

9

写真

外側から見て、皮の上からでも傷んでいるなと分かるものも除ける。

※傷みの部分は苦味の原因になり熟成後は見分けが付かず。

10

写真

全部を一欠片ごとにしたら、次は丁寧に一つずつ確認して簡単に剥けそうな余分な皮を取り除きつつ、先端をハサミでカットする。

11

写真

※ 可能な限り皮を剥くのは、皮の下の傷みを発見し易くし、皮の外側に付いている汚れを取る為。

12

※ 先端の尖っている部分をカットするのは、熟成途中に混ぜるのに引っかからないようにする為。

13

※ 例え、少し位ニンニクがはだけてしまっても5mm幅位までの少しだったら大丈夫です。

皮を剥いて一瞬剥がれたものもOK

14

写真

一個ずつ確認して、先端をカットしてOKのものを炊飯器の紙の中に入れていく。

15

写真

OKだったものを全部入れたら、紙を四方から順番に被せ、炊飯器の保温ボタンを押す。

16

写真

保温を始めた日を忘れない為にマスキングテープを貼って日付と時間を書いておく。

熟成は10日間〜。

15日が私好み。

17

余分な蒸気を放出する為に1日に一度は混ぜた方が良いですが、

数日に一回でも全く混ぜなくても、黒ニンニクは作れます。

18

写真

熟成し始めの3日位は、炊飯器からニンニク臭が結構する為、水で濡らしたキッチンペーパーを蒸気の出口に置いておくと良いです。

19

※ キッチンペーパーが濡れていないと匂いを取ってくれません。半日位するとキッチンペーパーが乾くのでその都度、濡らします。

20

匂い取り用のキッチンペーパーの取り替え時期は、キッチンペーパーにニンニク臭が結構ついて来たなと思った時です。

21

キッチンペーパーは、始めてからの5日間程したら臭わなくなってくるので、その辺で止めます。長期ですると乾燥が遅くなります。

22

保温し始めてから10日以上経てば完成です。
10日→しっとりした黒にんにく。
15日→グミのような弾力のある黒ニンニク。

23

食べる時に取り出し易いのは、長く保温し乾燥したものです。手の汚れ具合が違います。

美味しさも、個人的には長期モノです。

24

※ 出来た黒ニンニクをまとめて剥いて、ペースト状にするなら、10日程の柔らかいものの方が扱い易いかもしれません。

25

食べる時にはニンニクの芯を取り除いた方が美味しいですが、手でやると結構汚れます。口に入れて暫くしたら芯だけ残ります。

26

(失敗談1)

ニンニクを料理に使う時にいつも芯を取っていたので同じように一欠片を半分にカットして芯を取ったものを熟成。

27

写真

そしたら、黒くなったものの、熟成が完了する前に、皮が無いために乾燥してカッチカチになってしまいました。

(写真左)

28

(失敗談2)

ニンニクの下の硬い部分を熟成後に食べる時に取り除くので、初めからカットしたらどうなるかなとしてみた所…

29

下の部分が皮が無いことになるので、乾燥が進んで、熟成が完成する前に結構乾燥して硬くなってしまいました。

(写真右)

30

写真

(2016.6.17追加)
15日保温してみました。

出来上がったものは、取りやすくちょうど良い具合に乾燥していました

31

写真

10日で完了していたもの(左上)は、まだツヤ感があり、食べようとして皮を剥く時に、どうしても手がカナリ黒くベタつきます。

32

写真

15日にしてみた時、試験的に殆どほっときました。3回位しか混ぜなったと思います。出来上がりに問題はないように思います。

33

写真

こんな感じで、瓶に入れて常温で保管出来ます。

夏場は分かりませんが3ヶ月位持つと思います。冷蔵庫だと1年位。

34

(2016.7.20追加)
半年前の15日保温したものを現在食べていますが、夏場でも常温保存で全く問題ないようです。

35

写真

2016.12.30

人気検索で一位になりました!

36

2017.7月追記)

2016.6月に15日熟成黒ニンニクは、常温保存でも2017.7月に食べて問題ありませんでした。

37

写真

余談

あまりにも小さいものや、皮が剥がれたもの、傷みがあるものを除けたら、全部でこんな感じ。

38

写真

上下をカットして皮を剥いて、ガラス容器にまとめて入れて、料理用に使い易くして冷蔵保管しておく

傷み部分は使用時にカット

39

※ ガラス容器でないと、ニンニク臭はプラスチックだとすぐに匂いが取れなくなってしまいます。

40

※ 余裕があれば、予め刻んでオイル漬けにしたり、刻んだものやすりおろしを冷凍すると、料理の時に便利です。

コツ・ポイント

傷んでいるものを極力取り除くこと。

皮のあるままで保温すること。

このレシピの生い立ち

黒ニンニクは、ニンニクを最も栄養価高く食べられる方法で(黒は白に比べ、抗酸化作用が2倍)定期的に食べたいと思ったものの、購入すると結構高いし、気兼ねなく食べたかったので、自分で作ってみました。
レシピID : 3721962 公開日 : 16/03/03 更新日 : 17/10/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/12/21

First tsukurepo mark
写真

臭いに耐えて2週間!やっと完成。 フランスでもブームです!!!

3chatons

フランスでもブームなんですね!それは興味深いです!

Profile sachiami 2017年10月10日 04:56
こんにちは!初トライ中です。
何日おきにかき混ぜたらよいですか?
sarahkawa 2017年10月11日 08:04
言ってしまえば、混ぜなくても出来上がりはそんなに変わらないです。その位、適当でも大丈夫です。…が、余分な水蒸気を放出する意味でも、毎日開けて混ぜる方が、早く乾燥するのでは?と思います。