若ゴボウの煮付け

若ゴボウの煮付け
春の食材である若ごぼうをシンプルな煮付けにしてみました。春らしいほろ苦さがとても美味しいと思います。

材料

さとう
大さじ2
大さじ3
醤油
大さじ10
若ゴボウ
1袋
厚揚げどうふ
3個
出汁ジャコ(ほんだし)
15匹
写真参照
随時説明

1

写真

若ゴボウの下処理です、ゴボウの皮をむいていきます

2

写真

ゴボウの根っこと茎の間の部分は捨てます。茎は食べやすい大きさに切ってください

3

写真

ゴボウの方はかなり斜めに切ります。その方が味が染み込むので

4

写真

水2リットルに対してスプーン半分くらいの重曹を入れて煮立たせていきます。まずは根っこ、時間を空けて茎を入れます

5

写真

根っこを入れて5分くらいで茎を入れてさらに10分ほど煮詰めればかなりアクが取れます

6

写真

茹で終わったらしっかりと水で洗い流します

7

写真

厚揚げを4分の1にカットし、熱湯をかけて余計な油を落とします。

8

写真

鍋に油をひき、少し若ゴボウを炒めます。その後すぐに水800ccと厚揚げを入れます。

9

みりん、砂糖、醤油で味付けします。上に書いているのは水800ccに対する目安です。鍋のサイズや味の好みとも相談です。

10

盛りつければ完成

コツ・ポイント

割としっかり煮詰めなければ味が染み込みません。
また、割と硬いままだったりするので少し時間がかかります。

このレシピの生い立ち

毎日のレシピに加えたい一品を作ってみました!
ぜひ作ってみてください。
レシピID : 3722529 公開日 : 16/03/01 更新日 : 17/05/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」