時短改良 京都の雛菓子【ひちぎり】

時短改良 京都の雛菓子【ひちぎり】

Description

蒸し器からレンジへ時短改良。宮中行事で子どもを祝う儀式などで用いられた「戴餅」を引きちぎって千切りった事が由来

材料 (5人分)

80g
20g
20g
100ml
餡子
適量
白餡子
適量
食紅(ピンク)
少々
クレソン
2束

作り方

  1. 1

    写真

    材料をそろえる

    耐熱容器を用意する

  2. 2

    写真

    〇の粉類を容器に入れてぬるま湯をそこの加えて混ぜる。

    600Wでレンジ10分チンして全体を混ぜる。また10分チン

  3. 3

    写真

    半透明になれば生地がアツいうちによくこねる。

  4. 4

    写真

    二つに分けておき

  5. 5

    写真

    ピンクは食紅で色付けする。
    緑はクレソンを潰した物を入れる

    10等分し丸めて中央をくぼませて端を引っ張って形を整える

  6. 6

    写真

    黒餡子は丸めて白餡子は目の粗いふるいに通してそぼろにします。

コツ・ポイント

蒸し器からレンジに変更しましたら時間が短縮

レンジから出した時にアツいので初めは木のスプーン混ぜた方がよろしいと思います

色は緑は「ヨモギ粉」でもOK

このレシピの生い立ち

やはり京都に来ると~四季ぞれぞれに和菓子がありまして。愛らしい和菓子が大好きですので。

作ってみました。早く簡単で美味しいです。
カロリーも低目なのでダイエットにも良いですね。
レシピID : 3725609 公開日 : 16/03/03 更新日 : 21/03/04

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です