鴨のロースト、コリアンダーとオレンジ風味

鴨のロースト、コリアンダーとオレンジ風味
伝統的なフランス料理の鴨のオレンジローストにアジアのフレーバーをプラス。鴨は中国料理には欠かせない食材なので相性抜群!

材料

鴨肉
1羽
<グレーズ(ローストした鴨肉に塗るソース)>
オレンジ
3個
コリアンダーシード
50g
200ml
<ガーニッシュ(付け合せ)>
チンゲン菜
2束
チャイニーズ ソーセージ
2本
ブラウンマッシュルーム(大)
2個
しいたけ
8個
じゃがいも(小)
8個
パール オニオン
4個
ピーナツオイル又はひまわり油
適量
コリアンダー
適量

1

<グレーズ>
オレンジの皮をむいて細かい千切りにする。熱湯に通し、水切りを6回繰り返す。

2

コリアンダーシードをつぶす。

3

オレンジの皮、ジュース、コリアンダー、ハチミツを鍋に入れ、全体がとろりとするまで、ゆっくり火を通す。

4

<鴨肉の下準備>
足や手羽などを外しトリミングをしたら、よく洗う。その後10%の食塩水に20分ほど漬けておく。

5

塩水から取り出し洗う。何もかけずに冷蔵庫に一晩入れておく。

6

<鴨肉を焼く>
テフロン加工のフライパンで胸肉の皮を均等になるように焼く。

7

120℃~140℃のオーブンに入れ15分、又は肉がピンク色になるまで焼いたらオーブンから取り出し、グレーズを刷毛で塗る。

8

<ガーニッシュ>
じゃがいもは洗い、丁度良い柔らかになるまでゆでる。パールオニオンを半分に切り、ローストする。

9

マッシュルームは乱切りにする。チンゲン菜は洗って半分に切り、2分ゆでて水分を切っておく。ソーセージは斜めに切る。

10

大きめのフライパンに油を少し入れてマッシュルームを炒める。オニオン、じゃがいもを加え炒める。

11

チンゲン菜、ソーセージを加え炒め、塩・胡椒で味を整える。最後に刻んだコリアンダーを入れる。

12

<盛り付け>
グレーズを塗った鴨肉を皿に置き、周りに付け合せの野菜をきれいに盛り付ける。鴨肉を切り分けて、召し上がれ!

コツ・ポイント

足や手羽などを外してトリミングした鴨肉を使用すると、お肉が均等に焼けて切り分けやすくなります。1羽まるごと焼く場合は、オーブンに入れる時間を少し長めにします。

このレシピの生い立ち

メルボルンで3軒のレストランを所有するシェフScott Pickettのレシピ。オーストラリアの"食都”メルボルンで毎年開催される南半球最大規模の食の祭典「メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル 」(2016年3月4日~13日)にも参加
レシピID : 3731760 公開日 : 16/03/06 更新日 : 16/03/06

このレシピの作者

オーストラリア政府観光局ではオーストラリアの食とワインの魅力を訴求する「美食大陸オーストラリア」キャンペーンを実施中です。新鮮で安全な食材と自由な発想から作り出されるオーストラリアの食文化。屋外でも街中でも、心をつかむ景色の中で食事を楽しめます。
公式サイト:http://www.australia.jp
www.facebook.com/AustraliaJP

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」