狂牛病なんて怖くない ビーフシチュー

ドイツでも暫く牛肉が店から消えました。しかし、ドイツ人に言わせれば
「しっかりチェックしている今の方が、安全な牛肉が食べられる」
・・・御意。
贅沢に2種類の牛肉を使い分けて見ました。

材料 (4人分)

牛肉(ステーキ用)
500g
オックステール
400g
人参
2本
玉葱
大2個
ジャガイモ
大2個
ブーケガルニ
1束
ロリエ
1枚
500cc
ベーコン
2枚
トマト水煮缶
1缶
市販シチューの素
4人分

1

油をひいた大きなフライパンで、にんにくを炒めます。続いてベーコン、玉葱を加えます。十分に火が通ったところで、オックステールを加え、表面が茶色になったところで、水500CCを加えます。

2

中火で煮込み、あく取りをします。少し煮詰めたところで(約30分)、トマト水煮缶、ブーケガルニを加え、赤ワインを300CC加えます。

3

更に30分煮詰め、市販のシチュールーを味を見ながら加えます。好みでカレー粉、ナツメグ、パプリカを加えます。ウスターソースでも味が広がります。更に2時間以上煮込みます。火を使わない保温鍋があれば一晩煮込むとGood!

4

ジャガイモ、人参を皮を剥き、一口サイズに切った後、冷水につけます。これで煮崩れが防げます。これと小玉葱を3に加えて、30分程煮込み、更に塩、コショウなどで味を調えます。

5

ステーキ用の肉を一口サイズに切り、赤ワインに漬け込みます(一時間以上)。
フライパンで肉の脂を熱します。油が回った所で、漬け込んだ肉を焼きます。強火で表面をさっと焼き、火を止めて、肉の中までゆっくり火を通します。焼き具合は、お好みで。

6

焼いた肉が冷めないウチに、シチュー皿に2~3個乗せ、4のシチューをかけます。しっかり煮込まれたオックステールと、ステーキ肉の2種類を楽しめます。

コツ・ポイント

オックステールの代わりに、スジ肉(腱)を使ってもいい味が出ます。

このレシピの生い立ち

レシピID : 37324 公開日 : 01/12/16 更新日 : 01/12/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
めろん♪ 2001年12月24日 12:55
今日はクリスマスイブです。
今夜のために、ビ-フシチューを作ろうと思います。先日買い求めていた牛のスジ肉を500g、玉ねぎやハーブたちと一緒に煮込んでいます。先ほどドミグラスソースも入れました。後は煮込むだけです。
クリスマスのミサから帰ってきた今夜の9時頃に家族に披露する予定です。
Fujinoさんのところにも、素敵なサンタクロースがやってきますように・・・。
Merry Chrisymas・:*:・°★,。・:*:
めろん♪ 2001年12月24日 22:27
連続投稿ですみません・・。
Fujinoさん!!激ウマですよっ!!ビーフシチュー。
家族も今までで一番いい出来だといってくれました。やはりちょっともったいないかも・・と思ったけど、ステーキ用の肉を追加したのがよかったかもしれません。
仕上げに、発酵バターを60gくらい入れましたが、これもコクを出してくれたように思います。
とにかく、この美味しかった感動をお伝えしようと思い、再びやってきました♪
それでは、よいクリスマスを・・。
M.Fujino 2001年12月26日 14:07
めろんさん、お試し頂き感謝感激です。
発酵バターのアレンジも良いですね。
のびのびのバームクーヘンは年越しパーティ用に作るので、写真も添えて30日アップ予定です。その前にもいくつか出したいんですが、Xmas市で食べたソーセージが忘れられない・・・。真空パックと缶詰のソーセージは買ってきました。それを載せるか?!