鶏蕎麦

鶏蕎麦

Description

1時間ちょっとで手打鶏蕎麦を完成させ、昼から家飲みの至福。

材料 (4)

鶏もも肉
3枚
塩胡椒
適宜
小さじ1
大さじ1
2本
そば粉
500g
そばつゆ
適当
265ml

作り方

1

写真

鶏もも肉の脂肪部分を切取り、一口大に切る。塩胡椒して10分ほど。

2

写真

ごま油(その他食用油OK)を引いて、中火で片面を焼く。

3

写真

その間に葱をぶつ切り、緑と白い部分を薬味用にしておく。

4

写真

鶏から油が出るのでキッチンペーパーなどで取る。(焼き色が着きやすくなります。菜箸で焼き面を見ながら裏返し。

5

写真

酒を入れて2分ほど蒸し焼き。

6

写真

酒を入れた後、さらによけいな油が出て来ますのでキッチンペーパーで取り、一旦フライパンから取り出す。

7

写真

鶏の油が残ったフライパンで葱を焼く。きれいな焼き目をつけるためあまり動かさない。

8

写真

6、7を合わせて、市販の蕎麦汁をつけ汁用に水で割り、煮る。出てくる灰汁は徹底的に取るべし。すべての料理において灰汁は敵。

9

写真

鶏蕎麦の汁完成。

10

写真

蕎麦打始め。粉は高山製粉からの通販。蕎麦打台、麺棒はDIYショップの工作用品を転用。

11

写真

どんなそば粉もふるいにかける。

12

写真

そば粉の注意書き通りの水を用意する。水量を間違えると失敗します。少し加えて、水まわし、少し加えて、水まわし。

13

写真

ボウルのそこから粉を上に上げる作業を繰り返すと、そば粉が水を吸着して、それぞれつながり、パン粉の様になってきます。

14

写真

5分ぐらいすると蕎麦玉ができて来ます。

15

写真

蕎麦が親指大ほどの玉になったらまとめ、60回ほど練ります。二つに折るようにして練るうちに、表面がすべすべになります。

16

写真

湯上がりの赤ちゃんの肌のような感触の蕎麦。手のひらで押して平たくして行きます。

17

写真

時々、手のひらで丸くこすると円が均一になる。

18

写真

ピザぐらいの大きさで、厚み1cmにしてから、麺棒を使う。

19

写真

麺棒に巻いて6回転がし、展開して反対を6回と四面を転がして展開するとほぼ正方形になります。一切力はかけません

20

写真

麺が長くなるよう、なるべく正方形にします。キッチンの壁を利用してます。

21

写真

打ち粉を振って、手前から向こうへ折り、右から左へ、最後に右から左へ折り畳んでベッドの完成。

22

写真

ここから切りに入る。麺を茹でるために湯を沸かしておく。

23

写真

7cmほど切ったら、余分な粉を叩いく。

24

写真

500g4人分。

25

写真

たっぷりのお湯で茹でる。1−2分ぐらいが目安。

26

写真

淡いグリーンがかかる白い蕎麦です。

27

写真

ちょっと短めの蕎麦になりました。

28

写真

まず鶏を葱と山椒でさんざん食べて、それから蕎麦を頂きます。お酒は我が家
常備品の三千盛。

コツ・ポイント

手打ち蕎麦は慣れると小一時間で完成します。良いそば粉は製粉屋さんから通販で買うと良いでしょう。

このレシピの生い立ち

鴨南蛮が良いのですが、鴨肉が近所では置かなくなったので最近は鶏蕎麦にしてます。
レシピID : 3746149 公開日 : 16/03/13 更新日 : 16/03/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」