ローストアマニ(粒)の丸パン

ローストアマニ(粒)の丸パン

Description

ローストアマニ(粒)を使用したパネクイックの丸パンです。

材料 (丸パン6個分)

カメリヤ(強力粉)
130g
フラワー(薄力粉)
50g
パネクイック
10g
3g
砂糖
10g
ローストアマニ(粒)
10g
熱湯+水
130g
無塩バター
10g

作り方

1

写真

ローストアマニを耐熱容器に入れて、80g位の熱湯を入れて、10分程度ふやかします。容器の重さを量っておくと後で便利。

2

写真

「1」に水を足して、「ローストアマニと水を合わせて140g」にします。水を加えることで、温度も程よくぬるくなります。

3

写真

パネクイックを振り入れて溶かします。

4

写真

小麦粉・塩・砂糖・スキムミルクはボウルに入れて軽く混ぜておきます。

5

写真

「4」のボウルに「3」の液体を加えて、まずはゴムベラでざっくり混ぜます。

6

写真

ゴムベラについた生地は、ドレッジでそぎ落とします。

7

写真

手で「折りたたんで押す。」という感じで捏ねて、生地をひとかたまりにまとめます。(所要時間2~3分)

8

写真

まとめ終わったら、ボウルにラップをするかフタをかぶせて、35~40度程度のお湯をはった鍋に浮かべて20分位置きます。

9

写真

「折りたたんで押す」という感じで、ボウルの中で生地を捏ねます。はじめはべとべとした感じですが、すぐに弾力がでてきます。

10

写真

生地に弾力が出てきたら、室温で柔らかくした無塩バターを加えます。

11

写真

バターと一緒に生地を指の間から握りつぶすようにして、生地をバラバラにしてバターをいきわたらせます。

12

写真

生地がばらばらになった状態。

13

写真

ばらばらになった生地を、「折りたたんで押す」という感じで捏ねてまとめていきます。バターが生地になじんだら捏ねは終了です。

14

写真

生地の表面はやや粗い感じがすると思いますが、生地が割れたり裂けたりしなくなって、しっとりすいつくような感じになればOK。

15

写真

ボウルにラップをするかフタをかぶせて、35~40度程度のお湯をはった鍋に浮かべて30分位置きます。

16

写真

ゴムベラを使って丸いまま生地を取り出します。

17

写真

打ち粉(強力粉・分量外)をなでつけたストレッチボードの上に生地を取りだして、ドレッジ等で6等分に分割します。

18

写真

分割した生地を手の中で転がして丸めます。生地がきゅっと引き締まった感じになったらOK。

19

写真

生地のきれいな面を上にして、間隔をあけて天板に並べます。

20

写真

発砲スチロールのボックスに入れてコップにお湯を入れたものを一緒に入れてふたをします。

21

写真

30~35度くらいに温度を保って、25~30分程度発酵させます。2.5倍くらいに膨らんだら発酵完了です。

22

写真

5㎜位の深さのクープ(切れ目)を1本入れます。

23

写真

霧吹きで軽く表面を湿らせて、190~200度程度に温めておいたオーブンの中段で10分位焼きます。

24

写真

焼きあがったらケーキクーラーにのせて粗熱をとります。

25

写真

【補足】クープナイフは割りばしに剃刀の刃を刺したもので代用できます。水で濡らしてから切ると生地にくっつきにくい。

26

写真

ローストアマニを省き、「熱湯+水」を10g減らせば(ぬるい水120gにする)、シンプルな丸パンになります。

コツ・ポイント

クープナイフは小さくても刃物なので、けがをしないように気を付けて扱ってください。生地が手やストレッチボード・めん棒にくっつく場合は、打ち粉(強力粉・分量外)を使用しましょう。

このレシピの生い立ち

知人からもらった「ローストアマニ(粒)」(日本製粉)を使って試作してみました。お湯でふやかす方法の場合、水分量はアマニと同量を増やす位が程よいようです。「早焼きパン用酵母 パネクイック」についてはHPぱねぱんクラブ参照。
レシピID : 3769997 公開日 : 16/03/29 更新日 : 16/09/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」