ラクレット 〜 本格派

ラクレット 〜 本格派

Description

ラクレットマシンを使った本格派ラクレットです。 全国で好評だったチーズにあう素材もご紹介します。

材料 (最大15人分)

ラクレットチーズ(半円)
1個(約2.5キロ)
じゃがいも
人数分
生ハム
ピクルス
一瓶
バゲット またはカンパーニュ
その他お好みの素材

作り方

1

写真

ラクレットチーズ。
直径およそ30センチ。重さ約2.5キロです。

2

写真

ラクレットグリルにセットします。

3

写真

じゃがいもを茹でる。
レシピID 3658475
「一番おいしい!ジャガイモの茹で方」

4

写真

じゃがいもは茹でて皮をむきスライス、バゲットも食べやすく切り、生ハムと盛り合わせます。

5

写真

電源を入れて加熱開始!

6

写真

チーズがグツグツする音が聞こえ、焦げ目が付いていたら、お好みの素材にチーズをかけます。

7

写真

スイス フランスで伝統的なのは、やはり、じゃがいもと生ハムです。

8

写真

神戸ラクレット会。
生のカブ、大根、レタス類、茹で人参、しいたけのソテー。

9

写真

博多ラクレット会。
レーズンパン、
ブロッコリー、いんげん、人参などの茹で野菜。ドライアップルも美味しいのです。

10

写真

熊本ラクレット会。
アンティーブ、生マッシュルーム、ホワイトアスパラガス、
ドライいちじく。

11

パンと生ハムの上にラクレットをかけ、そのうえに蜂蜜をとろ〜りと垂らしても、あまじょっぱくて絶品です。

12

その他、好評だったのは
茹でエビ
豚バラ ロース焼肉
軽く焼いたバナナ
などでした。

コツ・ポイント

日本製の生ハムは塩気が弱くパンチもないので、スペインの生ハムか、イタリアのコッパというハムがオススメです。
ちょっと焦げたチーズが美味しいので、ヒーターを調節しながら美味しく溶かしてください。

このレシピの生い立ち

本場スイスでは、茹でジャガイモ、ハム類、ピクルスが基本ですが、各地で具材持ち込みで開催したら、いろいろなアイデアが出てきました。
インターネットで業務用グリルも半円チーズも買えます。イベントで是非!本物のラクレットをどうぞ。
レシピID : 3789673 公開日 : 16/04/06 更新日 : 16/04/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」