ライフレーク(押し麦)入りの丸パン

ライフレーク(押し麦)入りの丸パン

Description

ライフレーク(押し麦)を使用した、パネクイックの丸パンです。

材料

カメリヤ(強力粉)
140g
フラワー(薄力粉)
40g
パネクイック
10g
3g
砂糖
10g
ライフレーク(押し麦)
20g
熱湯+水
135g
無塩バター
10g

作り方

1

写真

ライフレークを耐熱容器に入れて、80g位の熱湯を入れて、30分程度ふやかします。容器の重さを量っておくと後で便利。

2

写真

「1」に水を加えて、「ライフレークと水を合わせて155g」にします。

3

写真

「2」の液体にパネクイックを振り入れて溶かします。

4

写真

小麦粉・塩・砂糖・スキムミルクはボウルに入れて軽く混ぜておきます。

5

写真

「4」のボウルに「3」の液体を加えて、まずはゴムベラでざっくり混ぜます。

6

写真

ゴムベラについた生地は、ドレッジでそぎ落とします。

7

写真

手で「折りたたんで押す。」という感じで捏ねて、生地をひとかたまりにまとめます。(所要時間2~3分)

8

写真

まとめ終わったら、ボウルにラップをするかフタをかぶせて、35~40度程度のお湯をはった鍋に浮かべて30分位置きます。

9

写真

「折りたたんで押す」という感じで、ボウルの中で生地を捏ねます。はじめはべとべとした感じですが、すぐに弾力がでてきます。

10

写真

生地に弾力が出てきたら室温で柔らかくした無塩バターを加えます。

11

写真

生地とバターを指の間から握りつぶすようにして、生地をバラバラにしてバターをいきわたらせます。

12

写真

20回ほど握りつぶすと、生地がばらばらになります。

13

写真

ばらばらになった生地を、「折りたたんで押す」という感じで捏ねてまとめていきます。バターが生地になじんだら捏ねは終了です。

14

写真

生地の表面はやや粗い感じがすると思いますが、このレシピの場合はなめらかになるまで捏ねる必要はありません。

15

写真

打ち粉(強力粉・分量外)をなでつけたストレッチボードの上に捏ねた生地を取りだして、ドレッジ等で6等分に分割します。

16

写真

手の中で転がして丸っこい形にしたら、少し間隔をあけて並べて、乾燥しない様に乾いた布をかぶせて15分程度休ませます。

17

写真

休ませてゆるんだ生地は、手の中で転がします。きゅっと引き締まった感じになったらOK。

18

写真

生地のきれいな面を上にして、間隔をあけて天板に並べます。

19

写真

発砲スチロールのボックスに天板を入れて、コップにお湯を入れたものを一緒に入れてふたをします。

20

写真

30~35度くらいに温度を保って、25~30分程度発酵させます。2.5倍くらいに膨らんだら発酵完了です。

21

写真

クープナイフでクープ(切れ目)を入れます。(剃刀の刃で代用可)刃を水にぬらしてから切ると、生地がくっつきにくい。

22

写真

霧吹きで軽く表面を湿らせて、190~200度程度に温めておいたオーブンの中段で10分位焼きます。

23

写真

焼きあがったらケーキクーラーにのせて粗熱をとります。

24

写真

【補足】クープナイフは割りばしに剃刀の刃を刺したもので代用できます。

コツ・ポイント

この方法でふやかしたライフレークは、HBでよく捏ねると生地に溶けるので、食べた時のつぶ感がほとんどなくなって「普通のパン」のようになります。HB等で捏ねる場合は、別の方法で柔らかくして生地に入れた方が良いかもしれません。

このレシピの生い立ち

「ライフレーク(押し麦)」を使ってみたくてレシピを作りました。早焼きパン用酵母 パネクイック」についてはHPぱねぱんクラブ参照。
レシピID : 3790815 公開日 : 16/04/08 更新日 : 16/09/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」