食品乾燥機で干し芋の作り方|さつまいも

食品乾燥機で干し芋の作り方|さつまいも

Description

レンジで蒸かしてから食品乾燥機「ドラミニ」で作る干し芋。簡単に美味しくできます。

材料

さつまいも
200g

作り方

1

写真

さつまいもを用意します。

2

写真

さつまいもを水洗いします。

3

写真

キッチンペーパーでさつまいもを包み、全体的に水で濡らします。
かなりビショビショに濡らして問題はありません。

4

写真

キッチンペーパーの上からさらにラップで包みます。

5

写真

電子レンジにラップで包んだサツマイモを入れます。

最初に600Wで5分間
その後に200Wで20分間

6

写真

竹串をさして簡単に通るならOKです。
蒸かしたさつまいもが出来ました。

7

写真

皮をむいて適当な大きさにカットします。

8

写真

カットしたサツマイモを食品乾燥機のトレイに並べます。
乾燥前重量200g
設定温度50℃で乾燥させます。

9

写真

18時間後
200gあった重量は
92gになりました。
フルドライの干し芋の完成です。

10

写真

乾燥データ

乾燥前重量
200g

6時間乾燥後
129g

12時間乾燥後
102g

18時間乾燥後
92g

コツ・ポイント

少し硬さがある干し芋なら6~12時間くらいがちょうど良いかと思います。

作りすぎた干し芋は冷凍保存もできます。
食べる時はトースターで軽く温めるか水で表面を濡らしてラップで巻いて電子レンジにかければOKです。

このレシピの生い立ち

ラボネクト株式会社の食品乾燥機「ドラミニ」で作る干し芋の紹介です。
天候に左右されることなく食材を乾燥させることが出来ます。

「ドラミニ」は干し芋作りの他に干し野菜、ドライフルーツ、ジャーキー作りなども行えます。
レシピID : 3794086 公開日 : 16/04/08 更新日 : 18/03/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」