桜の練り切り

桜の練り切り
本格的和菓子を手作りで!
ケースなどに入れると見栄えも良く、
プレゼントにも喜ばれます。

材料

練り切り生地 ( レシピID 3471915 )
250g
こし餡
160g
食紅 (赤・黄) できれば天然素材のもの
少々
砂糖水
水 50cc + 砂糖 5g

作り方

1

写真

練り切り生地は①200g②40g③10gに別け、食紅を混ぜて①はピンクに③は黄色に色付けし、①と②は8等分にして丸める。

2

写真

ピンクの練り切りを手のひらで押して、直径6センチ程に広げてから、写真のように真ん中に指でくぼみを作る。

3

写真

くぼみに丸めた②の白の練り切りを埋めて上から抑え、合わせる。白の端の部分上から撫でてピンクとの境目を滑らかにぼかす。

4

写真

生地を裏返して、8等分して丸めたこし餡をひとつ乗せ、餡を包む

5

写真

綴じ目を下にして上に白いぼかしが来るようにして直径4センチ程の球にする。
上から少し押して高さを2.5㎝位にする。

6

写真

表面がパサついていたら、砂糖水を手水にする。
中心に目印をつけて、三角棒などを使って上から均等に5等分の線を入れる。

7

写真

先にYの字に入れて、そのあと八の字を入れるとバランスが取りやすいです。

8

写真

5個出来た花弁を写真のように整えます。
(人差し指と親指で尖らせ、別の親指で上から抑える。)

9

写真

三角棒を花弁の尖らせた先端に直角に当てて花びらを割ります。
これで桜の花弁になります!

10

写真

5つ全て丁寧に作業しましょう。
これで出来栄えが変わってきます!

11

写真

③の黄色い練り切り生地を茶こしに押し当てて雄しべをつくります。

12

写真

茶こしから出た生地を爪楊枝二本で箸のようにして取り、花の中心に差し込むように置いたら完成です!

コツ・ポイント

練り切りは乾きやすいので、常に濡れ布巾かラップをかけておきましょう。

生地が手につきやすいので、濡れ布巾で手を拭きながら作業します。

三角棒が無ければ、四角の棒でも代用できます。角がしっかり立った棒を用意しましょう。

このレシピの生い立ち

色々な和菓子やさんの技を見て参考にし、
1番簡単に美しく出来る方法を考えて見ました。
レシピID : 3807483 公開日 : 17/02/25 更新日 : 17/03/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

18/04/05

写真

娘が作りました。お花見のお茶菓子におすそ分けしました。

柚桃太郎

娘さん頑張りましたね!お花見にぴったりのお菓子だと思います。

18/03/02

写真

練習が必要ですね〜。頑張ります

えまちん

バランス素晴らしいです!次は太めの棒で試してみてください!

17/06/04

First tsukurepo mark
写真

参考にさせていただきました。感謝です(o^^o)。

キョータル

ありがとうございます! たくさん作りましたね〜(^o^)