大根のなた漬け

大根のなた漬け

Description

大根をなたでざっくりと乱切りにして作ったことが名前の由来です。歯触りがよく、秋田を代表する漬物です。

材料 (30人分)

大根
4kg
150g
砂糖
180g~200g
200cc
200cc
もち米(おかゆ用)
もち米

作り方

1

大根は適当な大きさに切る(一口大)。

2

切った大根に150gの塩をまぶし、重石をして1~2日置く(水が上がってくる。)

3

もち米でおかゆを作っておく。

4

大根をざるにあげ、水を切る(上がってきた水は全て捨てる)。

5

塩漬けした大根に分量の砂糖、酢、酒、もち米で炊いたおかゆ、赤トウガラシを混ぜて重石をする。

6

10日位で食べごろになります。

コツ・ポイント

大根はなたでそぐように乱切りにします。
荒い切り口から糀の甘味がよくしみます。
なたが無ければ包丁を使っても構いません。
甘めが好きなら砂糖を200g入れれば良いです。

このレシピの生い立ち

秋に沢山収穫した大根はいろんな漬物にして保存されます。一本付けは食べごろまで時間がかかるので、その前に食べる漬物として、収穫後、すぐに漬けます。秋田生まれの人なら、誰でも小さい頃から食べている漬けものです。
レシピID : 3808468 公開日 : 16/04/15 更新日 : 16/04/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」