車麩と茄子の薬味サラダ(洋風精進料理)

車麩と茄子の薬味サラダ(洋風精進料理)
肉や魚にも負けない栄養の持ち主である焼き麩の中でもお肉のような弾力を持つくるま麩の薬味サラダを食卓にどうぞ!

材料 (4人分)

山城屋 手焼きくるま麩
4枚
なすび
2枚
山城屋 上新粉(新潟県産米100%)
大さじ1
山城屋 さらさら片栗粉(未粉澱粉)
大さじ1
きゅうり
1本
水菜
2束
ねぎ
少々
大葉
4枚
少々
<ドレッシング材料>
山城屋 京いりごま(金ごま100%)
大さじ1
玉ねぎすりおろし
大さじ2
大さじ1
サラダ油
大さじ1
オリ−ブオイル
大さじ4
レモン汁またはワイン酢
大さじ3

1

①くるま麩を水戻しし、しっかりと絞り布巾で水気をとって4等分しておく。

2

②きゅうりは板ずりした後、水洗いして棒でたたき、食べやすい大きさに切る。

3

③水菜は水洗いし2cmくらいに切って水気をとっておく。

4

④ねぎは小口切り、大葉は手で細かくちぎる。

5

⑤なすびは額をとり1cmの間隔で縦に皮をむきます。約1.5cmの輪切りにした後、塩をふり10分ほど置いておきます。

6

⑥なすびを水洗いして表面の水を拭き、油で素揚げする。上新粉、片栗粉のあわせたもので、くるま麩に衣をつけ熱した油で揚げる。

7

⑦ボウルにドレッシング材料をあわせてドレッシングを作り、具材と混ぜ合わせて盛り付ける。

コツ・ポイント

《くるま麩の戻し方》
ぬるま湯又は水に約10分浸し完全にやわらかく戻して、手の平で押すようにして水気を絞ります。

《きゅうりの板ずりとは?》
きゅうりをまな板にのせて塩をまぶし、両手で軽く押さえながら転がし塩をすりこむ下処理方法です。

このレシピの生い立ち

<くるま麩とは?>
ドーナツのように、真ん中に丸く穴が開いている麩です。主に新潟県では煮物、関東地方ではすき焼きに用いられるお麩の1種。低カロリーでお肉の代用品としても使える便利な麩です!現代の健康志向にこたえる理想の常備食材です。
レシピID : 3820600 公開日 : 16/04/22 更新日 : 18/08/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」