江戸前の味!旨味感じる真鯛のアラ煮☆

江戸前の味!旨味感じる真鯛のアラ煮☆の画像

Description

江戸前の煮付けはあまじょっぱいんです!関東出身の人に振る舞う時にこの味を披露すると喜ばれますよ!

材料

真鯛のアラ
一尾分
☆生姜スライス
2枚
☆酒
500ml
☆砂糖
大さじ5〜
醤油
大さじ5〜

作り方

  1. 1

    写真

    卵以外のアラ全体に塩をまぶし、15分ほど置いて臭みの元になる水分を出します。15分経ったら流水でさっと流します。

  2. 2

    写真

    頭と尾に小さいウロコが残っていることもあるので、熱湯をかけます。まな板に置いて作業するとやりやすいです。

  3. 3

    写真

    全体がほんのり白くなります。

  4. 4

    写真

    裏も同じようにして、流水で浮いてきたゴミやウロコを流します。

  5. 5

    写真

    熱湯をかけて浮いてきたゴミや血、ウロコなどは水で洗い流します。

  6. 6

    写真

    鍋に☆の材料を入れ、アラを入れます。

  7. 7

    写真

    沸騰したらアクをすくって醤油を入れて落としぶたをして30分【弱火】で煮込みます。

  8. 8

    写真

    卵がある場合は醤油と同じタイミングで入れます。

  9. 9

    写真

    煮ること30分、照りが出てきたら完成です。

コツ・ポイント

☆お水を入れないのがポイントです。お酒だけで炊く方が美味しくなります。

☆下処理をしっかりすることでアクも少なく、旨味を逃さず煮ることができます!

このレシピの生い立ち

江戸前のあまじょっぱい煮付けの味を伝えたくてレシピに落とし込みました!

関西風だともっと味を薄めにした方がいいかもしれないですね♫
レシピID : 3835596 公開日 : 16/05/04 更新日 : 16/05/04

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

1 (1人)
初れぽ
写真
さすらい
とても美味しい。中骨の部分だけ売っていたので作りました。次回は卵もトライしたいです。