蕗は下味つけておくと食べやすい

蕗は下味つけておくと食べやすい

Description

明日の朝のお味噌汁の具に。蕗のゆで方付き。
応用レシピ追加しました。

材料

食べたいだけ
小さじ1
大さじ3強
塩(ゆでる時用)
適宜

作り方

1

鍋にたっぷりお湯を沸かします。
蕗を鍋に入る長さに切って洗い、塩をまぶして両手で挟んですり合わせるように揉んでおきます。

2

太さでざっくり3段階ぐらいに分けておきます。
お湯が沸騰したら、塩が付いたまま太い方から順に10秒おきに投げ込みます。

3

全部入れて2分ゆでたら水に取り、冷めたら皮を剥きます。
堅そうな太い筋が見えてるようなら、それも引っ張っておきましょう。

4

お味噌汁に入れたい分だけ、食べやすい大きさに切ります。
適度に歯ごたえが楽しめる斜め切りがお勧め。

5

残った蕗は水に漬けて冷蔵庫へ。煮物等で美味しく頂いちゃってください。
水は毎日替えてくださいね。

6

下味を付けます。
白だしを、吸い物よりちょっと濃いかな? ぐらいに薄めます。
漬け汁の量は蕗の量で調整してください。

7

商品によって違いますが、うちのだと白だし小さじ1杯に対して水大さじ3杯ちょっとくらい。
下味なので適当で大丈夫です。

8

切った蕗に薄めた白だしをひたる程度にまわしかけ、落としラップをして冷蔵庫へ。

9

多めに作り置きするなら密閉容器かジップ袋で保存。
冷蔵庫で3〜4日は大丈夫です。
長いまま漬けて使う時に切るのもアリ。

10

白だしがない場合は、だし汁に塩とみりん等で味を整えたもので代用できます。
醤油や麺つゆは茶色くなるのでお勧めしません。

11

写真

漬け汁を切って、お好きな具と一緒にお味噌汁にします。
今日はお豆腐とにんじん。

12

写真

応用1:ごま油またはサラダ油でさっと炒め、香りづけに醤油と煎りゴマ振ってきんぴら風。
味は好みで調整してください。

13

写真

応用2:バターまたはマーガリンで炒めて、めんつゆ少々と黒胡椒。バター醤油よりも甘めの味が蕗に合います。

14

写真

応用3:ハーフベーコンに黒胡椒を振り、幅を合わせて切った蕗を巻いて楊枝で留め、フライパンで焼きます。お弁当のおかずにも。

15

※爪楊枝は外さずに焼いてください。途中で外すとバラけます。。
2つ3つ一緒に挿して両面焼く感じにすれば扱いやすいです。

コツ・ポイント

下茹でしてあるので、葉物野菜やお豆腐と同じタイミングで入れれば良いです。
茹で加減が硬かった場合は、根菜類のタイミングで入れるか、切り方を薄くしてみてください。
茹で時間2分は若いうちのものです。育って固くなってきたら3〜4分茹でます。

このレシピの生い立ち

庭の蕗を気軽に美味しくいただきたいんだけど、味噌汁だとそんなに長時間煮こまないから、味が染みないぶん蕗のクセが気になって(´・ω・)
試しに下味をつけてみたら、蕗のクセが気にならず食べやすくなりました。
レシピID : 3836634 公開日 : 16/05/02 更新日 : 16/06/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/05/04

First tsukurepo mark
写真

爽やかな味で美味しい(^o^)付け合わせにも便利ですね~

プリシラ♪

初れぽありがとうございます!軽く炒めたりとか応用も利きます。