アーティチョーク 基本の食べ方

アーティチョーク 基本の食べ方

Description

アーティチョークの基本の食べ方。YouTubeでも見れます→「農Pro アーティチョーク」で検索。

材料 (2人分)

アーティチョーク
1個
バター
20g
マヨネーズ
20g
塩、こしょう
少々

作り方

  1. 1

    写真

    茎をつぼみから切り離す

  2. 2

    写真

    茎の皮をピーラーで剥く。そして、蒸し器に入る長さに切る。

  3. 3

    写真

    うろこの先をカットする。そして、うろこの間を少し広げながら流水で洗う。

  4. 4

    写真

    つぼみの上の部分(つぼみの高さの1/4位)を切り落とす。

  5. 5

    写真

    鍋に蒸し器をセットする。適量の水を入れ蓋をして火にかける。

  6. 6

    写真

    アーティチョークの頭を下にして蒸し器に入れる。茎も蒸し器に入れ、蓋をして30分位蒸す。

  7. 7

    写真

    [溶かしバターの作り方]耐熱容器にバターを入れラップをしてレンジ500wで20秒加熱。(溶けない時はもう少し加熱する)

  8. 8

    写真

    [ビネグレットドレッシングの作り方]ワインビネガーに塩、こしょうを溶かしオリーブオイルを少しずつ加え混ぜる。

  9. 9

    写真

    溶かしバター、ビネグレットドレッシングとマヨネーズの3種類を用意しました。

  10. 10

    写真

    30分位したところで、アーティチョークの下の部分に串を刺してみる。スーッと通れば大丈夫。

  11. 11

    写真

    アーティチョークを蒸し器から出す。そして、うろこを外側からはがす。

  12. 12

    写真

    根元にバター、ビネグレットドレッシング、マヨネーズなどを付け、裏側のやわらかい部分を前歯でしごくようにして食べる。

  13. 13

    写真

    茎は縦半分に切る

  14. 14

    写真

    茎の中心部分のやわらかいところを食べる。

  15. 15

    写真

    うろこを全部はがした底の部分。上のところが白い毛に覆われている。

  16. 16

    写真

    白い毛をナイフで取り除く

  17. 17

    写真

    毛を取り除いたところ。ここが一番おいしいです。

コツ・ポイント

うろこの裏側、という意外なところを食べるのがアーティチョークです。内側に行くにしたがい、食べれる部分がだんだん増えてきます。そして、最後に一番おいしい底の部分が現れます。
いろいろなドレッシングが合うので、好みの味を見つけてください。

このレシピの生い立ち

アーティチョークが初めての人にもおいしく食べてもらえるように、わかりやすいレシピを作りました。
レシピID : 3858598 公開日 : 16/05/15 更新日 : 21/06/05

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

31 (21人)
写真

2022年6月1日

親切丁寧解説でスムーズに作れました♡ありがとうございます!茎も食べられるとは初めて知りましたー。

写真

2022年1月11日

アケオメコトヨロでーす!ちょっとどーかな〜?と思いつつ買ってしまったんですが、思ったよりも美味しいやつでした!今年もお元気で♡

写真

2021年4月18日

初アーティチョーク。無事に調理できました!おいしかったです。レシピ感謝♪

写真

2021年3月31日

お元気ですか?アメリカ今旬なのか何なのか?安くて美味しくなってます!毎週のようにお世話に♡逆さま蒸しで時短感謝です!

コメントを書くには ログイン が必要です

このレシピを使った献立

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね