ふっくら玄米の炊き方*ゼロ活力鍋

ふっくら玄米の炊き方*ゼロ活力鍋

Description

玄米をゼロ活力鍋を使用して、ふっくらと調理します。小さじ1の塩がポイント。調理時間、およそ20分の時短調理が実現します。

材料 (3,4人分)

玄米
3合(540ml)
4合(720ml)
小さじ1

作り方

1

写真

玄米3合を計量します。1合は180mlです。
今回、秋田こまちを調理します。

2

写真

水で洗います。
もみ殻などを取り除き、円を描くように2,3回水を替えながら十分に洗います。

3

写真

ゼロ活力鍋に2の玄米を入れて、水を4合入れます。
さらに、塩を加えます。

4

写真

ゼロ活力鍋の赤いオモリをセット。
強火で加熱します。

5

写真

オモリが左右に振れ始めたら、弱火にして15分間加熱します。(タイマー設定)

6

写真

15分経過したら、火を止めます。
そのままの状態で、余熱調理をします。(内圧表示ピンが下がるまで)

7

写真

手前の内圧表示ピンが下がったら、余熱調理の完了です。
蓋を開けても大丈夫です。

8

写真

ふっくらとした玄米が炊き上がりました。

9

写真

炊き立ての玄米をお茶碗にふんわりとよそいます。

10

写真

あたたかい内にどうぞ召し上がってください。

11

写真

クック8N4RMO☆さんより初れぽを頂きました。「初挑戦です。もちもちで柔らかく美味しいですね。」のコメ嬉しく感謝です。

コツ・ポイント

水の分量は、玄米の1.2~1.5倍にします。
浸水時間は、2時間から8時間ほどです。
一晩浸水させて、朝、炊いても良いと思います。
夏場の浸水時間は、1~2時間ほどにします。
気温が高いと、発酵することもあるそうなので、気を付けます。

このレシピの生い立ち

約一年前から玄米生活をしています。
すっかり白米に代わって、日常のごはんになっています。

ゼロ活力鍋で玄米を炊き始めてから、調理時間を短縮出来るようになりました。
調理方法も簡単ですし、今後も続けていきたいと思います。

レシピID : 3937834 公開日 : 16/06/23 更新日 : 17/08/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

17/07/30

写真

炊飯器よりふっくら美味しかったぁ★2種おにぎり朝食に~♬

komutatata

美味しく炊けて良かったです。おにぎりも美味しそうですね♬

17/07/23

写真

孫来ない日玄米も炊いたよ♪玄米は初おかげで上手く炊けた^^感謝☆

チイチャンママ

おいしく炊けて良かったです。砂浜でのお孫さん、可愛いですね♬

17/02/12

First tsukurepo mark
写真

初挑戦です。もちもちで柔らかく美味しいですね。納豆に合いました。

クック8N4RMO☆

上手に仕上がったそうで、良かったです。お試し嬉しく感謝です♪