薬膳茶で免疫力!五井野プロシージャー

薬膳茶で免疫力!五井野プロシージャー
霊芝(さるのこしかけ)などの漢方生薬を使って、健康づくりに役立つ「五井野プロシージャー」という薬膳茶を作ります。

材料 (10杯分)

霊芝(細片)
12g
朝鮮人参(生or乾燥)
6g
カワラタケ
2g

1

写真

朝鮮人参は細かく輪切り。すべての材料をお茶パックに詰める。

2

800ccの水から、2時間弱火で煎じる。途中で、水差ししながら、最終的に500ccにする。

3

写真

麦茶ポットなどに入れて、十分に冷ましてから冷蔵庫で保存。一週間で飲み切る。

4

まとめて作り、製氷皿で冷凍保存もおすすめ。

コツ・ポイント

・朝鮮人参は韓国料理の食材通販で、他の材料は漢方薬局などで入手可。
・煎じる時は、鉄鍋やホーロー鍋が好ましい。
・1時間をコンロで煎じて、残りの1時間を電気ポットを90度に設定して煎じる方法もある。
・味はおいしくないが、飲めなくはない程度

このレシピの生い立ち

チェルノブイリ原発事故の被ばく者、ガン患者治療のため五井野博士が開発した自然薬「五井野プロシージャー」をベースにしている。開示されている製薬法は難しいので、家庭でも作りやすくアレンジした。
レシピID : 3953655 公開日 : 16/07/02 更新日 : 16/11/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」