皮から餃子♪(^0^)/~

皮から餃子♪(^0^)/~
餃子を皮から作るってとっても面倒だと思ってたけれど、、、。そうでもなかった!!!やっぱりすべて手作りだと美味しい♪これからは皮がなくても、思い立ったら餃子が出来ます!

材料 (40個分)

200グラム
110ml
餃子の餡
餃子40個分

1

ボールに粉を入れ、水を3,4回に分けて回し入れ、そのつど菜箸で混ぜ合わせる。粉がまとまってきたら、菜箸についた粉を手でこそぎ取り、生地を手でよくこね、割ってみて中に粉がないようになったら生地を丸くまとめてボールに入れ、塗れ布巾をかけて30分寝かせる

2

打ち粉をした台で生地を捏ねる。右手の付け根で生地を手前から向こう側に押し伸ばし、伸ばした分を手前に織り込む。これを2,3度繰り返し、その後左手で少しずつ生地の向きをずらしながらしっかり捏ねる。

3

生地の表面につやが出て、滑らかになったら、生地を長方形にし包丁で四等分し、一本ずつ転がしながら両手で左右に伸ばし、直径2センチくらいの棒状にする。生地をまわしながら、1本を10等分に切る。

4

切った生地に打ち粉をし、切り口を上にして、掌で軽く押しつぶす。生地には塗れ布巾をかけておく。

5

写真

麺棒を使って丸く伸ばす。まず、生地の半分まで麺棒を使って伸ばす。その後、生地を30度くらいずらして、又半分まで麺棒で伸ばす。それを繰り返し、綺麗な円形に伸ばす。慣れてくると簡単♪。

6

写真

せっせと皮を伸ばすもん吉。Tammiさんちのキッチンって、料理しやすくって嬉しい♪もん吉の家だと、これがちゃぶ台の上の画像になる、、、泣

7

写真

出来た皮。今回は初めて+すりこぎでの皮作りだったので、ちょっと波が出来たけど、、。2度目からは綺麗な皮を作れるようになりました。なかなか薄くできたぞ!

8

写真

左から、包んだ餃子、伸ばした皮。切り分けた生地です。切り分けた生地は打ち粉が少なかったので、くっついたのを無理やり剥がした後の為、綺麗な円形ではありませんが、本当は綺麗な円形をしているはずです、、笑

9

写真

出来た皮に餡を包んで茹でる。タレをつけて食べたり、スープに入れたり♪

コツ・ポイント

中の具はお好みで~♪ちなみに、皮を伸ばしやすいのは 短い麺棒>麺棒>すりこぎ の順です。ウー・ウェン先生の『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』より~

このレシピの生い立ち

レシピID : 39555 公開日 : 02/01/19 更新日 : 02/01/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
tukutuku 2004年11月09日 11:08
 はじめまして。餃子の皮、もちもちっとしていてとてもおいしかったです。お休みの日だったので主人が皮を作り、私がつめて焼き、子供が食べるという流れ作業で頂きました。みんなで何かするって言うのはたのしいですね。
 打ち粉は少なく、できるだけうす―く伸ばしたのが好みです。(^.^)
 ところで、最近はキャベツも白菜も高値で餃子好きには悲しい冬となりそうですね。何かで代用できないかなぁ・・・。
 
もん吉 2004年11月13日 17:05
おぉぉぉ。 tukutukuさん、はじめまして。お返事遅くなって申し訳ないです。

餃子、皮から作ると美味しいですよね。皮の薄い餃子も好きですがちょっともっちりしてるのも又美味しいですよね。もん吉もできるだけ薄く・・・と頑張りますが、そんなに頻繁に作らないので、手がなれてきた頃にはすでに生地は少なく・・・というような事の繰り返しが多いような気がします。笑 家も、相方、友達総動員ですごい量の餃子を作っては食べつくします。皆で作って食べるっていうのは楽しいですよね。

日本は台風などで野菜の値段が高騰して大変みたいですね。代用品・・・きっとニラも高いですよね?春雨とかで量を増やすとか・・・うーん、春巻き的な発想になってしまいました・・・。早く野菜の値段が安定するといいですね。