【京都丹波】黒豆入・農家の夏野菜カレー

【京都丹波】黒豆入・農家の夏野菜カレー
京丹波町、国道27号線沿いの道の駅「和」オススメレシピ。いつもと違う、うまみと甘みたっぷり野菜カレー

材料 (4~5)

豚スライス
200g
なす
中3本
万願寺とうがらし
5本
玉ねぎ
中1個
はたけしめじ
50g
黒豆(乾)
50g
市販のカレールー
4~5皿分

作り方

1

黒豆はザルで洗い、ルーに書かれている水分量で圧力鍋に20分かけておく

2

黒豆が柔らかくなったら、ルーを入れる

3

肉、野菜を食べやすい大きさに切る

4

熱したフライパンに油をひき、豚肉、玉ねぎ、なす、はたけしめじを入れ、塩コショーを少々ふり、フタをして弱火で蒸し焼きにする

5

なすに火が通ったら、万願寺とうがらしを加え、さらに3分蒸し焼きにする

6

お皿にご飯を盛り、5を盛って上からカレーをかけて出来上がり

コツ・ポイント

京都丹波の特産物である丹波黒大豆をはじめ、はたけしめじや万願寺とうがらし、なすなど夏野菜を使ったカレー。野菜は蒸し焼きにすることで、甘みがじっくり出てきます。道の駅「和」には、地元産の野菜がずらりと並びます。

このレシピの生い立ち

京都丹波の野菜たっぷり、忙しくて暑い夏を乗り切る時短料理を考えました。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でこのレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 3961160 公開日 : 16/07/19 更新日 : 16/07/19

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」