北海道のばぁちゃんから習った いも団子

北海道のばぁちゃんから習った いも団子

Description

もっちもちのいも団子はおやつにも、朝食にも♬

材料 (分量と食べる人による)

じゃがいも
中10個〜
でんぷん粉
380g〜
バター
10g〜
しょうゆ
大さじ3
砂糖
大さじ2

作り方

1

じゃがいもを蒸します。

2

竹串やようじがスッといもに刺さるようになったら、火をとめる。
芋を手で触れるようになるまで放置。

3

じゃがいもの皮をむき、大きなすり鉢もしくはボウルに入れる

4

皮をむき終わったじゃがいもをすりこぎで突いて潰す。ねっとりするまでひたすら突く。

5

芋がねっとりしてきたら、でんぷん粉(片栗粉)をいれながら、突き、もっちりさせる。目安は素手にべっとりつかなくなるまで。

6

生地を棒状に整え、ラップに包んで冷凍庫で保存。

7

私はすぐ食べてしまうので、保存期限がわかりませんが、3ヶ月はもつと思います。

8

一晩置いた芋団子を包丁で輪切りにする。厚めに切る。

9

フライパンにバターを入れてから火にかける。バターが溶けたら芋団子をいれる

10

両面に焼き色がついたら、お皿に取る。

11

そのままのフライパンにしょうゆ、砂糖を入れて少し煮立てる

12

お皿にもったいも団子にタレをかけて完成!

コツ・ポイント

・でんぷん粉が少ないと、焼いてる間に溶けていくので要注意!
・ひたすら餅突きをイメージしながら突いてください

このレシピの生い立ち

北海道に牧場のアルバイトで入っていた時に、そこのおばぁちゃんが作ってくれました。カボチャ入りもオススメです。
レシピID : 3978545 公開日 : 16/07/16 更新日 : 16/07/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」