はもの湯引き(えんげ食・介護食) の画像

Description

管理栄養士からのコメント!
京都料理の夏の定番「はもの湯引き」をゲル化材で固めて、飲み込みやすくしたえんげ食です。

材料 (1人分)

│だし汁
38.0 g
│ソフティアU
0.4 g
練り梅
3.0 g

作り方

  1. 1

    はもは湯引きにし、皮を取る。

  2. 2

    はも(湯引き)、だし汁、ゲル化材を計量します。 ※ゲル化材はソフティアU(ニュートリー)を使用

  3. 3

    ミキサーにはも(湯引き)、だし汁、ゲル化材を入れ、なめらかになるまで撹拌します。

  4. 4

    3を鍋に入れ、火にかけ、焦げないように混ぜながら、ひと煮立ちさせます。

  5. 5

    ラップをしいたバットに、はもの切り身のように落とし、ゼリー状に固めます。 ※ゼリーは70度以下になると固まり始めます。

  6. 6

    5が固まったら、フォークを使って骨きりのように模様をつけます。お皿に盛りつけ、練り梅を添えます。

コツ・ポイント

※ミキサーで攪拌する際は、食材が少なすぎるとミキサーがうまく回らないため、200g以上の食材を使用してください。
※まとめて作って、残ったゼリーは冷凍保存が可能です。

このレシピの生い立ち

【おうちでできるえんげ食レシピ】
京都料理の夏の定番「はもの湯引き」を“ご当地嚥下食”にしてみました!季節を感じられる1品です。
レシピID : 3985514 公開日 : 16/07/20 更新日 : 16/07/21

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート