笹団子(えんげ食・介護食) の画像

Description

管理栄養士からのコメント!
新潟県の名物「笹団子」をゲル化材で固めて、飲み込みやすくしたえんげ食です。

材料 (2人分)

ねりあん
20.0 g
│水
12.0 g
│ソフティアU
0.12 g
お粥
70.0 g
│乾燥よもぎ
0.9 g
│砂糖
2.5 g
│ソフティアU
0.7 g
笹の葉
少々

作り方

  1. 1

    ねりあん、水、ゲル化材を計量します。※ゲル化材はソフティアU(ニュートリー)を使用。

  2. 2

    水、ゲル化材を鍋に入れよく溶かし、ねりあんを加え火にかけ、焦げないように混ぜながら、ひと煮立ちさせます。

  3. 3

    ラップを敷いたトレイの上に、棒状に成形し、ゼリー状に固めます。 ※ゼリーは70度以下になると固まり始めます。

  4. 4

    お粥、乾燥よもぎ、砂糖、ゲル化材を計量します。※ゲル化材はソフティアU(ニュートリー)を使用。

  5. 5

    乾燥よもぎはお湯で戻し、ふきんなどでよく絞って水気を切る。

  6. 6

    ミキサーに温かいお粥、5のよもぎ、砂糖、ゲル化材を入れ、なめらかになるまで撹拌します。

  7. 7

    6を鍋に入れ、火にかけ、焦げないように混ぜながら、ひと煮立ちさせます。

  8. 8

    ラップをしいたバットに直径10cm程度の円状に流し、ゼリー状に固まったあんを包み込み、冷やし固めます。

  9. 9

    ゼリー状に固まったら、笹の葉で包みます。 ※ゼリーは70度以下になると固まり始めます。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

【おうちでできるえんげ食レシピ】
新潟県の名物「笹団子」を“ご当地嚥下食”にしてみました!ベタつくお団子も食べやすく仕上がります。
レシピID : 3985517 公開日 : 16/07/20 更新日 : 16/07/21

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート