幅広く運気を吸収する☆夏土用の「う」どん

幅広く運気を吸収する☆夏土用の「う」どん
夏土用は、頭に〝う〟の付くもの! 「〝う〟なぎ」もいいけど、幅広く運気を吸収したければ「〝う〟どん」を食べよう! 

材料 (4人分)

めんつゆ
1カップ(200㏄)
昆布だし
1カップ(200㏄)
シイタケだし
1カップ(200㏄)
120㏄
醤油
120㏄
簡単天ぷらの衣
小麦粉
大さじ5
マヨネーズ
大さじ2
冷水
大さじ5
天ぷらの具
エビ
12匹
小エビ
150g
貝柱
80g
タマネギ
1/4個
薄力粉
大さじ1
適量
トッピング
梅干し
2個
大根おろし
1/2本分
大葉
4枚
白ねぎ小口切り
1/2本
 
うどん
4人前(4玉)

1

めんつゆを作る。鍋に、かつおだし・昆布だし・シイタケだし・みりんを入れて火にかける。

2

鍋が沸騰したら醤油を加え、ひと煮立ちしたら火を止め、つゆを冷ます。

3

天ぷらの食材の下ごしらえをする。海老天用のエビは、尾を残し皮をむく。かき揚げ用のエビは、そのままで用いる。

4

貝柱を食べやすい大きさにそぎ切りにする。タマネギは、繊維を断つ方向に1㎝幅に切る。

5

天ぷらの衣を作る。衣の材料をすべてボウルに入れ、さっくりと混ぜ合わせる。

6

天ぷらを揚げる。揚げ用油を180℃くらいに熱する。エビは、そのまま衣を付けて揚げる。

7

小エビ・貝柱・タマネギを一つのボウルに入れ、分量外の薄力粉(小さじ1/2程度)をまんべんなくまぶす。

8

⑦のボウルに、てんぷらの衣を大さじ3杯入れ、全体にいきわたらせてから、程よい大きさにまとめて揚げる(かき揚げにする)。

9

トッピングの準備をする。梅干しはよくもんでから種を取り出し、梅肉を包丁でたたく。
ねぎは小口切り、ダイコンはおろす。

10

うどんをゆでる。ゆであがったら冷水にとり、水気を切る。

11

具材を皿に盛りつけて出来上がり。お好みの薬味・具材と合わせて、うどんをいただきましょう!

12

調理協力:西川友紀子(and yuki)
http://and-yuki.com/

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

30日は「土用の丑の日」。「夏土用の丑」といえば「うなぎ」ですが、もともとは「〝う〟の付くものを食べる」という民間伝承だったのをご存じですか。そこで、今年は「うどん」をオススメ。トッピング次第で「うなぎ」より幅広い運気効果が期待できますよ!
レシピID : 3994348 公開日 : 16/07/26 更新日 : 16/07/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/07/31

First tsukurepo mark
写真

「〝う〟どん」&ぷりぷりエビ天頂きました♪幅広く運気吸収完了❀

スタイリッシュママ