【京都丹波】なすとあらめの炊いたん

【京都丹波】なすとあらめの炊いたん
京都府亀岡市、亀岡行事食研究会の行事食レシピ。亀岡市に受け継がれる、ふるさとの味。

材料

あらめ
40g
なす
中2本(200g)
にんじん
小1本(50g)
油揚げ
1/2枚
300cc
★砂糖
40g
★しょうゆ
大さじ2
サラダ油
大さじ1

作り方

1

あらめは水に10~15分くらい漬けて戻し、よく洗って水を切っておく

2

茄子は縦半分に切り、厚めの斜め切りにし、しばらく水に放した後、水気を切っておく

3

人参、油あげは短冊切りにする

4

鍋を熱して油を入れ、茄子と人参を炒め、油がまわったらあらめと油あげを加えてさらに炒め、油をなじませる

5

だし汁を入れ、しばらく煮てから☆の調味料を加え、弱火で茄子が軟らかくなるまで煮る

コツ・ポイント

京都府亀岡市では、お盆のお供えとしても作られるなすとあらめの炊いたん。

このレシピの生い立ち

四季折々の亀岡の行事や伝統的な食文化の味を大切にしたレシピ。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4018702 公開日 : 16/08/15 更新日 : 16/08/15

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」