【京都丹波】夏野菜で簡単福神漬け

【京都丹波】夏野菜で簡単福神漬け
南丹市日吉町の直売所「郷の駅 胡麻屋」おすすめレシピ。野菜を保存食としてお漬け物に。生産者の思いから生まれた伝統食レシピ

材料

☆印の野菜合計1㎏(目安:きゅうり中1本100g・なす中1本100g・人参中1本150g・大根Mサイズ1本900g・ごぼう中1本200g)
きゅうり
なす
人参
大根
ごぼう
25g
醤油
200cc
30cc
砂糖
100g
150cc
タカノツメ
2本

作り方

1

☆印の野菜全てを1~1.5㎝の大きさ、2~3㎜の厚さに切る。しょうがは細切り

2

調味料にしょうが、タカノツメを加え、鍋で一煮立ちさせる

3

沸騰したら野菜を入れ、中火煮詰める

4

そのまま冷まし、容器に入れ、冷蔵庫にて保存

コツ・ポイント

レンコン、しその実などがあれば入れてみて。歯ごたえと香りがアップします。
沢山収穫できる時期に保存食、お漬け物にしておくのがオススメ。

このレシピの生い立ち

日吉町胡麻地域で採れる野菜はどれも瑞々しく美味しい!
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でこのレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4028386 公開日 : 16/08/24 更新日 : 16/08/24

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」