宮城の郷土料理 はっと汁

宮城の郷土料理 はっと汁
宮城県登米地方の郷土料理『はっと汁』はツルツルシコシコの食感に根菜などの旨みが合わさり、老若男女に好まれる味です。

材料 (3~4人前)

大根
1/4本
人参
1/2本
牛蒡
1/4本
しめじ
1/2株
豚こま
100g
仙台麩(または油揚げ)
10cm程度(小揚げなら1枚)
薄力粉
200g
2つまみ
800ml
好きなくらい
お好みで

1

写真

薄力粉に塩を合わせたら水(分量外)を少しずつ混ぜ、耳たぶ程度の硬さになるまで捏ねる。

2

写真

粉が練り上がったら丸めてボウルに入れ、乾燥しないように濡れ布巾かラップをかけて30分~1時間なじませる。

3

写真

大根・人参は皮を向いて厚さ3㎜程度の銀杏切りにする。しめじは石づきを取り、小房に分けておく。

4

牛蒡は笹掻きにし、10~15分程度水に浸けてアク抜きをしておく。

5

仙台麩は厚さ5㎜程度の半月切り。油揚げの場合は熱湯をかけて油抜きをした後1cm程度の短冊切りにする。

6

鍋に水を入れたら菜類と豚肉を入れ、アクを取りながら10分程度煮る。具に火が通ったら、油麸または揚げを入れる。

7

写真

練っておいたはっとの生地を左手に持ち、指先で少しずつ薄く伸ばす。

8

それを右手で一口大(4~5cm四方)にちぎりとり、鍋の中に入れていく。

9

はっとの生地の表面が透き通って来て浮いてきたら、めんつゆを入れて味付けをする。

10

お椀によそい、小口に切った葱をかけたら完成。お好みで七味をかけても美味しいです。

コツ・ポイント

はっとの生地は練ったあと寝かせることでモチモチの食感になります。
具材は何にでも変更可能で、しめじを舞茸や椎茸に変えたり、夏は茄子を入れたり、豚肉を鶏肉に変えたり…
アレンジを各家庭で楽しんでください。

このレシピの生い立ち

人が集まるときによく母が作ってくれた思い出の味です。今でも久し振りに実家に帰るとなると作って待っていてくれます。
実家で食べていた時は出汁・醤油・酒などで味付けしていましたが、誰にでも作れるようめんつゆを使いました。
レシピID : 4029290 公開日 : 16/08/20 更新日 : 16/08/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

17/06/07

写真

2歳児と作りました。味噌を入れても美味しかったです!

かよぱんころ

味噌も美味しそうですね(´∀`) レポ感謝(^^)

16/09/10

First tsukurepo mark
写真

初めて食べました! おいしかったです

しがないだいがくせー

地元の料理を気に入ってもらえて嬉しい‼レポ感謝(^-^)/