斉藤先生のサバ缶のサッパリ南蛮アレンジ

斉藤先生のサバ缶のサッパリ南蛮アレンジ
斉藤辰夫先生の「サバ缶のサッパリ南蛮」に豆腐を使うレシピです。より軽い感じになり、豆腐好きの夫も満足。

材料

サバの缶詰(水煮)
1缶
木綿豆腐
1丁
みょうが
3個
大葉
5枚~好きなだけ
砂糖
大匙1
大匙1
しょうゆ
大匙1
大匙1
カップ1/2

1

まず、木綿豆腐を水切りしておく。レンジ600Wで2分半チンして重しをしておくと早い。

2

鍋にサバの缶詰を汁ごとと、調味料・水をすべて入れ、火にかける。

3

煮たって来たら水切りをした木綿豆腐を8等分程度にして加え、3分ほど煮る。

4

そこに斜め切りにしたみょうがを加え、さらに2,3分煮る

5

千切りにしておいた大葉を乗せて完成。

コツ・ポイント

木綿豆腐の水切りをしっかりすると、これだけでかなり味がしみておいしくなります。斉藤先生のレシピでは豆腐ではなく厚揚げを使っておられ、その方が水切りの手間がなく、こってり感があります。こちらのレシピはサッパリ重視です。

このレシピの生い立ち

斉藤先生のレシピを作ろうとしたとき、厚揚げがなかったので家にあった木綿豆腐を使ってみたら、それはそれでおいしかった、という。
レシピID : 4031968 公開日 : 16/08/22 更新日 : 16/08/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」