ご飯の愛人《卵味噌》

ご飯の愛人《卵味噌》

Description

いつも食べると体に悪いけどたまにどうしても食べたくなる味です、ご飯しかない時に是非挑戦してください。甘い卵と辛い味噌最高

材料 (2人前)

2個
味噌(お好みで増減)
10g
砂糖(お好みで増減)
大さじ2/3
みりん〔あれば〕
小さじ2
酒〔あれば〕
適量

作り方

1

写真

卵を割って軽くときほぐします

2

酒とみりんを卵に合わせます

3

このタイミングで味噌と砂糖を直ぐに取り出せる所に準備してください、スピード勝負です。

4

フライパンを温めて卵液を流し込みます、スクランブルエッグの要領で軽くほぐします

5

卵が3割くらい固まった所で味噌をまだ固まっていない卵液で溶かすようにします。全部溶ける必要はないです、あえて塊を残して。

6

砂糖を直接フライパンに入れます、ここでも均一にかけなくて大丈夫

7

味噌があらかた溶け、卵が半熟スクランブル状態になったら味見をして甘さの加減を確認します、味噌も砂糖もここで追加可能です

8

ご飯に直接盛ってもいいですが、味噌の濃い部分とそうでない部分を交互に食べたりするのもオススメなので小鉢でもオッケーです

コツ・ポイント

みりんと酒はなくてもいいです、あまり均等に味が馴染まないようにするのがコツです、卵は8分くらいのスクランブルが鉄則で硬すぎると全く違う料理になります、ヘルシーではありませんしオシャレでもないですが白いご飯と一緒に無心で背徳の一皿

このレシピの生い立ち

白いご飯が嫌いな子供でした、でもこの貧乏料理が有ると延々食べ続けたそうです、自他共に認める料理音痴の母の唯一の得意料理。美味しいよと人には自慢しづらいですが、高い塩分と口の中に残る甘みが白いご飯を食べる喜びを思い出させてくれます。
レシピID : 4039503 公開日 : 16/08/27 更新日 : 16/08/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」