刺身&新米で重陽をお祝い…刺身のたれ4種

刺身&新米で重陽をお祝い…刺身のたれ4種
〝今年の運気エキス〟を凝縮した「新米」とさまざまな運気を吸収できる「刺身」を「4種のたれ」で食べて、重陽の節句をお祝い!

材料 (1~2人分)

薬味たれ【オススメ刺身:ブリ】
醤油
大さじ2
シソ
1枚
ショウガの薄切り
5枚
1本
お好み
コチュジャンたれ【オススメ刺身:マグロ】
大さじ1
醤油
大さじ1
小さじ1
砂糖
小さじ1
炒りゴマ
お好み
卵たれ【オススメ刺身:イカ】
卵の黄身
1個
醤油
大さじ1
ゆずこしょうたれ【オススメ刺身:白身・貝】
ゆずごしょう
小さじ1/2~1(お好みで)
大さじ1
ひとつまみ

1

薬味たれ:薬味を全部みじん切りにして、醤油に漬け込む。漬け込む時間は、薬味がなじむ30分くらいがオススメ。

2

☆コチュジャンたれ:材料をすべて混ぜ合わせる。コチュジャンの辛さは、お好みで砂糖を加減する。

3

☆卵たれ:卵を白身と黄身に分け、黄身を分量の醤油に30分程度漬け込む。食べる直前に、黄身と醤油をよく混ぜる。

4

☆ゆずこしょうたれ:ゆずごしょうとオリーブオイルをよく混ぜる。辛味が苦手な方は、ゆずごしょう少な目にして塩を足す。

5

調理協力:西川友紀子(and yuki)
http://and-yuki.com/

コツ・ポイント

たれは、お刺身につけて食べるだけでなく、まぶして海鮮丼やカルパッチョ仕立てに使うなど、いろいろと応用できます。
ちなみに、ゆずごしょうたれは、塩の代わりにレモン汁やお酢を加えてもさっぱりいただけます(塩分が気になる方などにオススメ)。

このレシピの生い立ち

9日は「重陽の節句」。菊の花びらを浮かべた日本酒を飲んで、健康を祈願する日です。開運メニューは、その〝菊酒〟にもピッタリの「刺身」。赤身・白身・イカや貝類などを盛り合わせれば、人間関係運や人気・才能運などをまとめて吸収できます。
レシピID : 4053709 公開日 : 16/09/05 更新日 : 16/09/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/09/09

First tsukurepo mark
写真

本日「重陽の節句」菊を愛で、お刺身でお祝い❀運気を吸収しました☆

スタイリッシュママ