ⅲザワークラウト

ⅲザワークラウト

Description

ドイツの伝統的なキャベツの漬物です。植物性乳酸菌たっぷりです。汁も捨てないで使ってください。

材料 (作りやすい分量)

キャベツ
1/2個(500g)
10g(キャベツの2%)
1/2本
(キャラウェイシード)
2g
チャック付きポリ袋(L)
1枚

作り方

1

キャベツを好みの太さ(細い〜5mm幅)の千切りにする。

2

チャック付きのポリ袋に1のキャベツと塩を入れてシャカシャカ振って、キャベツと塩をなじませる。

3

写真

2に2~3つにちぎったローリエ・半分に切って種を除いた鷹の爪・あればキャラウェイシードを加えて、またシャカシャカする。

4

写真

ポリ袋の口を空気抜きのため少しだけ開けた状態で汁がこぼれないように開けた所を上にして、トレイなどに乗せ、重しを乗せる。

5

写真

室温で1日〜1週間発酵させた後、袋の口を閉じて冷蔵庫で保存する。牛乳パックの側面を切ったケースに入れるとスッキリですよ。

6

写真

ⅲザワークラウトとソーセージのスープ(レシピID : 4057863)を作りました。汁ごと使って美味しくなります。

7

写真

ⅲザワークラウトと玉子のスープ(レシピID : 4089207)を作りました。汁ごと使って美味しくなります。

8

写真

10月末の気候で仕込みから4日目に冷蔵庫に入れました。今回は重しをして水が上がった段階で瓶に詰め替えました。

9

写真

はじめから瓶に詰めて、落としラップをして、ラップでくるんだ缶ジュースなどで重しをしました。

コツ・ポイント

発酵してくると汁がこぼれ出る場合があるので、汁受けのためのトレイなどの上で発酵させます。冷蔵庫に入れるタイミングは味や香りが好みの酸味になった時ですが、見た目では、キャベツが黄色っぽくなり、小さな泡が出てきた頃です。

このレシピの生い立ち

キャベツや白菜をいつも1%の塩漬けにして保存しているのですが、より長期間、より美味しく保存しようと思い、ドイツの知恵を借りて、より栄養価もアップさせたザワークラウトにしてみました。発酵が上手くいっていれば、1ヶ月以上もちます。
レシピID : 4058466 公開日 : 16/09/08 更新日 : 18/04/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (1人)

20/02/06

写真

何度作ってます、お友達にも勧めたら大好評です。

茶屋めぐり

18/03/09

First tsukurepo mark
写真

発酵して色も黄色に変わり美味しく出来ました。有難うごさいました

茶屋めぐり

美味しく作ってくれてありがとう♪つくれぽ感謝です♡