ちょっと本格カレー(カレー粉+スパイス)

ちょっと本格カレー(カレー粉+スパイス)
市販のカレー粉とスパイスを使用してちょっと本格的なカレー。スパイスはスーパーで買えるハウス、GABANのものを使います。

材料 (1人分)

鶏むね肉
100g
玉ねぎ(みじん切り)
半個
大豆油(又はキャノーラ油)
大さじ1
トマト缶
30g
カシューナッツ(すりおろし)
1粒
適量
200cc
 
[カレールー用スパイス]
メース(パウダー)
ひとツマミ
パプリカ(パウダー)
ひとツマミ
ひとツマミ(お好み量で)
ブラックペッパー
ひとツマミ
クローブ(ホール)
4粒
カルダモン(ホール)
2粒
フェンネル(ホール)
8粒(ひとツマミ)
シナモンスティック
1カケ(2×2cm)
 
[肉下ごしらえ用スパイス]
ひとツマミ
ブラックペッパー
ひとツマミ

1

写真

下準備。皮を取った鶏肉に下ごしらえ用スパイス(クミン、ブラックペッパー)をかけて、ひと揉みして置いておきます。

2

写真

下準備。トマト缶、しょうが、にんにく、カシューナッツを一緒にまとめます。

3

写真

玉ねぎをみじん切りにします。

4

写真

フライパンに油とホールスパイス(クローブ、カルダモン、フェンネル、シナモン)を入れて、弱火にかけます。焦がさない。

5

写真

泡が出てスパイスが油を吸って膨らんでくるまでゆっくり火にかける。

6

写真

玉ねぎを入れて炒めます。最初は中火くらいから、焼けるに従い少しずつ火を弱めます。焦がさない。

7

写真

ホールスパイスを入れたまま食べるのが嫌な方は、ある程度玉ねぎが色づいてきたら抜いてください。

8

写真

ホールスパイスそのままでも大丈夫でしたら残してください。最後までしっかり香りが残ります。今回は抜いています。

9

写真

玉ねぎ炒めは水分を取って味を凝縮するためなので、フライパン全体に広げた方が早く焼けます。

10

写真

濃く茶色く色づくまで焼きます。ここまでくるとかなり焦げやすいので、火加減に気をつけてください。

11

写真

2のトマトの合わせた物を投入します。

12

写真

トマトを入れると焦げやすいので、よくかき混ぜながらじっくり炒めます。トマトの赤みが多少消えて茶色く馴染むまで。

13

写真

火を消して、カレールー用スパイス(カレー粉、メース、パプリカ、カイエンペッパー、ブラックペッパー)、塩(極少量)を投入。

14

写真

火を消したまま、木べらで混ぜます。

15

写真

1の鶏肉を入れてマリネするように絡めます。ここで火を入れ出して(弱火中火)、軽く肉の表面を焼きます。焦がさない。

16

写真

水200ccを入れて火を一気に強火にします。

17

写真

沸き出したら火を中火ほどに弱めます。ルーにとろみが出てくるまで2分ほど煮込みます。

18

写真

ルーにとろみが出てきたら、一度味見します。塩を適量加えて味を調えます。水が蒸発し過ぎたら、その都度水を加えて調整します。

19

写真

塩加減ととろみがまとまったら、盛り付けて完成です。

コツ・ポイント

スパイスや塩は入れすぎないように気をつけてください。お好みでスパイスの数を増やしたり量のバランスを考えてください。苦手でなければホールスパイスは入れたままの方が香りが持続します。
スパイスを入れ過ぎると味も濁ってきますのでほどほどで。

このレシピの生い立ち

市販のカレー粉を使用しながら、スパイスも使ってちょっと本格的なカレーを作れるレシピです。スパイスは全てハウスやGABAN等のスーパーで市販されているものだけで作っています。手慣れれば1時間くらいで作れます。
レシピID : 4060242 公開日 : 16/09/08 更新日 : 16/09/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」