ごろ豆大福パン

ごろ豆大福パン
大好きな大福をイメージして作りました。
和菓子っぽい「まめ(=小さい)あんぱん」です。

材料 (12個分)

〈パン生地〉
3g
バター
10g
砂糖
15g
130g
ドライイースト
2g(National製HBの場合)
〈トッピング用〉
赤えんどう豆水煮(缶)
15粒(7~8g)×12個分(約95g)
小1/5(1g)
 
手粉用上新粉
適量
〈フィリング用〉
粒餡
15g×12個分(180g)

1

〈塩えんどうを作る〉
缶から出して水洗い後ざるにあけ、水気を切る。

2

耐熱容器に入れて塩をまぶし、電子レンジで1分加熱する。
冷めたら12等分しておく。

3

〈パン生地をホームベーカリーで作る〉
終了後、30gずつ12個分に分割し、5分ベンチタイム

4

写真

〈成形する〉
指でガス抜きをしながら生地を押し広げる。
なるべく空気を入れないようにして、豆を包む。

5

写真

12個分終えたら最初の生地に戻り、豆が飛び出さないように注意しながら平たくして※餡(15g/個)を包む。

6

※周囲(赤マルの部分)を薄く伸ばすとよい。

7

写真

〈焼成する〉
仕上醗酵後、上新粉を振りかける。
200℃に予熱したオーブンで、150℃12分~焼成する※。

8

※焼き色をつけないように注意する。

9

写真

余分な粉を刷毛で払う。
飛び出している豆(矢印)があれば、パン生地に埋め込む。

10

写真

〈焼成時間について〉
8分割して大きめの場合、15分でした。

11

写真

〈備考〉
乾燥豆でスープジャーを活用し、塩えんどう豆を手作りできます。

12

詳細は
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1560010244/

13

写真

〈アレンジ1〉
ホイップクリームを絞り入れました。

14

詳細は
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1560001165/

15

写真

〈アレンジ2〉
マスカルポーネチーズ30gをサンドしました。

16

https://plaza.rakuten.co.jp/minfannote/diary/201107260000/

コツ・ポイント

レッドピース缶は、小粒&固めの仕上がりで、成型時につぶれにくく扱いが楽です。3回分になるので、残りを冷凍保存しておくとよいです。
水煮ではありますが、薄く塩味がついています。
ちょっと物足りないため、即席「塩えんどう」にしてみました。

このレシピの生い立ち

お豆たっぷりの武蔵製菓「ごろ豆大福」が大好きだったので、ネーミングに拝借しました。
作り方は前頁「金時豆パン」の応用編で。
上新粉をブレンドしてもっちり感を出し、焼き色をつけずにお餅っぽく仕上げました。

2009.6.1
レシピID : 4074665 公開日 : 16/09/17 更新日 : 17/05/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」