一口餃子

一口餃子

Description

包むのも、焼くのも、食べるのもあっという間の3拍子揃った餃子。
餃子とはいえ、焼売の皮で包むのがポイントです。

材料 (48個分)

〈皮〉
市販の焼売の皮
48枚(2袋)
〈具(出来上がり量240g)〉
豚挽き肉
100g
キャベツ
約120g
万能ネギ
適量(小口切りにして冷凍保存しているもの)
調味料
顆粒鶏がらスープ
小1/2
砂糖
小1
醤油
小2
小2
こしょう
少々

作り方

  1. 1

    〈準備〉
    フードプロセッサーの容器の重さを計っておく。
    ・キャベツはレンジで2分加熱して水分を絞り、冷ましておく。

  2. 2

    〈具を用意する〉
    フードプロセッサーに挽き肉、調味料を入れて混ぜ合わせる。

  3. 3

    適当にちぎったキャベツをフードプロセッサーに入れ、パルス動作で粗く刻みながら混ぜ込む。

  4. 4

    具材の重さが100gになるように万能ねぎを加える。

  5. 5

    〈具を包む〉
    具をのせて皮の周囲に水を塗る。
    対角線で折り、両端を内側に折り込む。

  6. 6

    両手で優しく鋏む(しっかりと密着させなくてもよい)。

  7. 7

    〈焼く〉
    熱したフライパンにサラダ油を敷き、餃子を離して並べる。

  8. 8

    熱湯を注いで(多いと餃子が泳いでくっついてしまうので注意)、ふたをして中火で蒸し焼きにする。

  9. 9

    ふたをとり、少量のごま油を回しかけて水分がなくなるまでカリッと焼く。

コツ・ポイント

點心というよりも、大阪名物ですね。
当初、市販の餃子の皮を使用しましたが、重たい仕上がりに(2009.3.14の日記)。
焼売の皮のおかげで、お手本とした「点天」の透明感が再現できたようです。

このレシピの生い立ち

大阪名物「点天」の一口餃子を食べて、ファンになった子供たちのリクエストでチャレンジ!
焼き餃子としてはご紹介済みの「鍋貼」をアレンジしました。

2009.5.1
レシピID : 4082564 公開日 : 16/09/21 更新日 : 16/09/21

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

4 (4人)
写真

2022年9月26日

美味しく出来ました

写真

2022年1月3日

皮パリパリを楽しむ餃子ですね

写真

2018年6月24日

シュウマイワンタンの皮パリパリ!キャベツ+50g&ニラを足して!

とってもいい焼き色ですね♪つくれぽありがとうございました^^

写真

2017年2月27日

初れぽ

包み方は不恰好になっちゃいましたが味はよかったです!

作ってくださり、嬉しいです^^ ありがとうございました。

コメントを書くには ログイン が必要です