マコモ (真菰茸)の奈良漬け(味噌粕味)

マコモ (真菰茸)の奈良漬け(味噌粕味)
生のマコモを奈良漬にすることで
一年中食べることができます

菊芋、レンコン、ゴボウ、ニンジン、ウリ
なども一緒に

材料

マコモ茸(1.5kgくらい)
10本
酒かす
1kg以上
味噌
酒粕の30%〜
酒粕の10%〜
砂糖(黒砂糖、ザラメ、きび糖など)
酒粕の10%〜
酒粕の10%
酒粕の3〜5%

1

マコモ以外の材料を手でよく混ぜて
常温で 3日以上 置いて馴染ませる

2

写真

漬け床が馴染んでから

マコモの皮をむいて 端の硬いところは切る

3

写真

漬け床に マコモを入れて 1週間くらいから
食べれますが 長くおくほど 飴色になります

写真は一年 漬け込みました

コツ・ポイント

ある程度の年齢になってから奈良漬が好きになりましたが、
自分の好みに甘さ調整したいので
自作してみると とても簡単に美味しくできました。

少量なら ジップ付きナイロン袋とタッパーで
保存できます

このレシピの生い立ち

酒粕を大量に頂いて使い道に 困っていましたが
道の駅でハヤトウリを見つけたので
奈良漬を作るようになりました。
レシピID : 4088458 公開日 : 16/09/25 更新日 : 16/09/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」