プレーンなショートブレッド

プレーンなショートブレッド
イギリスでは米の粉を使用しますが、雨鹿茶房では全粒粉と温度差のある油脂を使うことによってサクサク感を出しました。最後にコンデンスミルクでまとめるのが、風味/食感を増すためのポイントです。

材料 (12cm×24cmの型)

バタ
60g
サラダ油
40g
薄力粉
110g
全粒粉
40g
コンデンスミルク
小匙1

1

冷えたバタ、常温のサラダ油、砂糖をボウルに入れて、よく練る。

2

1がまんべんなく混ざったら(多少の粒粒感は良い)粉類を入れ、切るように混ぜる。スコーンやクラッカーを作るときの要領。粉類をふるうかふるわないかはお好みでどうぞ。

3

油脂と粉が混ざってポロポロになったら、コンデンスミルクを加え、ひとまとめにする。

4

3を油を塗った型に平均的になるよう敷き詰める。ナイフで切れ込みを入れ、フォークで穴を開ける。

5

4を焼く。雨鹿茶房では960ワットのトースターで25分焼きます。天辺がキツネ色になったらアルミホイルをかぶせて……。

6

焼きあがったショートブレッドを切れ込みにそって割り、粗熱を取って出来あがり! 

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 41165 公開日 : 02/02/05 更新日 : 02/06/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」