フェッピビンパプ

フェッピビンパプ
「フェッ」は刺身、「ピビン」は混ぜる、「パプ」はご飯のこと。つまり、お馴染みビビンバの刺身ヴァージョンです。ここでは魚の刺身を使って作り、ポキ丼のように盛りつけました。

材料 (2人分)

ご飯
お好みで
お好みの刺身
200‐300g
お好みの香味野菜
たっぷり
小匙1
醤油
小匙1
白炒り胡麻
適量
少々

1

胡麻は半摺りにする。刺身、香味野菜は食べやすい大きさに切り、コチュジャンと醤油、摺り胡麻を加えて、手でよく揉み込んでおく。

2

丼に熱々のご飯をよそい、胡麻油をほんの少したらす。その上に1を盛って、ご飯が冷めないうちに混ぜ混ぜしながら食す。

3

香味野菜はたっぷりのほうが美味しい。写真のフェッピビンパプでは、白葱10cm分の白髪葱と貝割れ大根1/2パックと、山葵の葉3枚分の千切りを使用。えごまの葉や大葉、香菜、いろいろ合うと思います。

コツ・ポイント

すりおろしにんにくを加えてもいいし、コチュジャンの代わりに山葵+味醂少々でも美味しい。

このレシピの生い立ち

レシピID : 41169 公開日 : 02/02/05 更新日 : 02/06/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」