【京都丹波】丹波栗の渋皮煮

【京都丹波】丹波栗の渋皮煮
京都府亀岡市、亀岡行事食研究会の行事食レシピ。

材料

丹波栗
1キロ
砂糖
500g
小さじ1/2
しょうゆ
小さじ1
小さじ1
50cc

1

栗は2時間ほどたっぷりの水に漬け、その後、鬼皮をむく

2

鍋に栗を入れてたっぷりの水と重曹を入れ、ゆでこぼす。水で2回繰り返し、一晩水に漬けておく

3

渋皮に付いているすじを丁寧に取り除き、取れにくい所は爪楊枝等で取る

4

鍋に栗を入れ、栗がつかる程度に水を入れて砂糖の半量と塩、しょうゆを加えて煮る

5

沸騰したらアクをすくい取り、弱火にして1時間程度煮詰め、残りの砂糖を入れる。砂糖が溶けたら火を止めて一晩おく。

6

再び沸騰させて弱火で30分位煮て火を止める。ブランデーを入れて一晩おく

コツ・ポイント

そのまま茹でて食べてもとても美味しい丹波栗ですが、手間を加えることで、大粒で香り豊かな丹波栗をさらに楽しめる一品になります。
渋皮煮を栗ペーストにしてバターたっぷりトーストにぬるのも最高です。

このレシピの生い立ち

四季折々の亀岡の行事や伝統的な食文化の「ふるさとの味」を大切にしたレシピ。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4133052 公開日 : 16/10/27 更新日 : 16/10/27

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」