大根の葉の田舎ふりかけ&青とん味噌

大根の葉の田舎ふりかけ&青とん味噌

Description

青とん味噌とのコラボの激旨ふりかけ。ご飯の消費が激しくなります。大根の葉が手に入ったら是非作ってみましょう。

材料

生の大根の葉
一本分 約90g、乾燥の葉の場合、戻す前 40g
大さじ1
しらす干し
50〜80g
1本半(12g)、大さじ2
日本酒(できれば飲用)
大さじ2
醤油
小さじ1
砂糖
大さじ1
削り節(細か目)
約15g
白ごま
大さじ1
お茶の葉
小さじ1(お好み)
★無添加味噌
約700〜750g
★砂糖
大さじ3
大さじ3
大さじ2
★青唐辛子
10本〜15本
◇保存容器 味噌用
800mlサイズ

作り方

1

写真

都会では滅多に手に入らない大根の葉。夏の葉は硬く冬は柔らかい。一本分の約90gを使います。

2

写真

茎は細かく刻みますが葉は炒めると縮むので1cm程度でOKです。

3

写真

フライパンにごま油を熱し、中火でしらす干を炒めます。次に大根の葉を投入します。

4

写真

砂糖、ほんだし、酒、醤油を入れてよく絡めます。火をやや弱くします。水気を飛ばしながら削り節投入して全体を混ぜます。

5

写真

お好みでお茶の葉を一緒に炒ると深い香ばしさが出ます。また甘さを抑える効果があります。

6

写真

湯気が少なくなりパラっとしてきたら白ごまをふって軽く混ぜ、粗熱を取って完成です。タッパーに入れて一週間冷蔵庫で保存可能。

7

写真

次に★青とん味噌です。市販の無添加タイプの味噌を用意します。今回ダシ入りではない合わせ味噌約750gを使いました。

8

写真

ごま油を熱し、刻んだ青とうがらしを炒めます。軽く火が通ったら味噌を投入します。

9

写真

みりんと砂糖を入れたら、焦げやすくなるので弱火にします。よく火が通ったら完成です。砂糖はお好みで増減してください。

10

写真

冷ました後に800mlの容量の保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。砂糖を多めに入れると保存期間が延びると思います。

コツ・ポイント

青とうがらし(青とん)は6月から9月が旬でスーパーに並びます。私は真空パックで冷凍保存し、大根の葉が手に入ったタイミングで作りましたが、とうがらしの辛さが飛んでいました。旬のものを使った場合、青とうがらし10本でもそこそこの辛さになります。

このレシピの生い立ち

ざうおでアルバイトしていた頃に刺し場の板さんにまかないとして教えてもらいました。ふりかけだけでも相当美味しいのですが、青とん味噌を加えることで劇的に変化します。またこの味噌は色々な料理に使えますし、冷蔵庫で半年間ほど持ちます。
レシピID : 4141110 公開日 : 16/10/24 更新日 : 17/04/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」