ほっこり*マルメロ*かりんシロップ♪

ほっこり*マルメロ*かりんシロップ♪
秋に出回るかりん(マルメロ)喉や健康、美容にいいですし、作ってて楽しいです。長期間保存できます♪

材料 (2リットルビン)

マルメロ(かりん)
2個(約600g)
かりん:氷砂糖=1:1~お好みで■
①氷砂糖のみ
約500~600g
②氷砂糖+蜂蜜にするとき
各250~300gで合計500~600g
適量(小さじ2)
適量(1リットル)

作り方

1

かりんは周りがつるつるで、マルメロは毛がついていますが、かりん(マルメロ)と書いてあることが多いです。

2

写真

買ってきて緑っぽかったら黄色くなり、周りがべたつくまで保存し、少しべたつきいい香りがしたら作り時♪まず、かりんをよく洗う

3

写真

切り方はいろいろあるけど、固いので切るときに気をつけて下さい!上下を切り赤い線のとこから半分に切り、それをまた半分に切る

4

種をとりいちょう切りスライス。種はよく洗って一緒につける。皮は汚い部分は切り落とす。皮を残す、残さないはお好みで♪

5

写真

※種は、画像のようなティーパック(お茶パック)があれば、まとめていれて漬けると取り出しやすい♪

6

写真

ボールに水をいれ塩をいれかりん(マルメロ)をさらし変色と渋みぬきをする。量にもよるけど2個なら10分ぐらい。

7

水と塩の量はご自宅のボールの大きさにあわせてください。10分後、ザルにかりんをいれ水気を切る。

8

煮沸やアルコールリカーで消毒したびんに、種をいれ、氷砂糖とかりん(マルメロ)を交互にいれる。蜂蜜をいれるときは蜂蜜も。

9

常温保存で約1ヶ月。1日数回軽くビンを上下にゆすり液が全体に混ざるようにする。室温にもよるけど氷砂糖が約数日でほぼ溶ける

10

氷砂糖が溶けたら、発酵やカビが心配な場合は冷蔵庫、大丈夫なら常温。※室温で状態が全然違うのでご自宅の状態で判断して下さい

11

約1ヶ月位で中身をとり、長期保存する場合は、シロップを沸騰させ、清潔にしたびんに保存。かりんシロップは沸騰させてok。

12

写真

画像は3日後、氷砂糖がほぼとけたとこ。全体に液が混ざり、かりんが液につかるように、時々スプーンで上下をひっくり返す。

13

写真

約3週間経過!果実は茶色くなりました。すごくいい香りでそのまま飲んでもおいしい。あともう少し冷蔵庫で放置しようかな。

14

写真

約1ヶ月経過。中を取り出し裏ごし用のザルを使い保存しやすい瓶にうつしかえました♪おいしくできました!すぐになくなりそう笑

15

写真

朝食のお供に♪♪

16

氷砂糖のみ、または、蜂蜜いれたり、アレンジご自由にしてくださいね。一応、氷砂糖のみ、と、氷砂糖+蜂蜜での分量記載しました

17

*皮を切り落とした場合は、切り落とした状態で重量をはかり、その重量におうじて氷砂糖や蜂蜜をはかる

コツ・ポイント

1ヶ月ぐらい放置するのでビンは必ず煮沸かアルコールリカーで清潔に消毒したものを使って下さい♪気泡がたくさんでてきたら発酵しはじめなので冷蔵庫に避難!かりんの切り方は切りやすいように切って下さい。びんにガスがこもるので1日1回ふたをあける♪

このレシピの生い立ち

祖母の家に帰省すると、砂糖づけや蜂蜜づけ、たくさん作ってくれていて懐かしい味で、祖母たちから習いだんだん作り方を覚えました♪*以前投稿したレシピを書き換えました*
レシピID : 4141193 公開日 : 16/10/24 更新日 : 17/02/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (7人)

18/11/29

写真

初めて作ってみました。美味しくできるといいな。

くるみのりん21

すでにいいかんじ。浸ける時間はかかひますが美味てすよ

18/11/25

写真

冬に備えて、初かりんシロップ!楽しみです♪

ikukkoo

すごく美味しいですよ!すぐなるかも笑。ありがとうございます

18/11/11

写真

マルメロは初めて!作ってる最中からいい匂い~!

まろん☆

うらやましいな。今年はにはいらなかった。美味しくなぁれ

17/11/19

写真

氷砂糖が足りなくて砂糖も追加しました。

クーモモ

量の調節ありがとうございます!完成が待ち遠しいですね♪感謝